こちらに共通ヘッダが追加されます。

このページのリンク

カガク ケンキュウヒ ジョセイ ジギョウ キバン ケンキュウ C
科学研究費助成事業基盤研究(C)

データ種別 図書
出版者 [発行地不定] : [発行者不定]

子書誌情報を非表示

1 先史時代における二上山産サヌカイトの利用と原産地の開発 / 大阪市博物館協会大阪文化財研究所編集 大阪 : 大阪市博物館協会大阪文化財研究所 , 2017.10
2 . 研究成果報告書 ; 平成26年度-29年度 渡来系資料からみた東国古墳時代の交流ルートの解明 / 日高慎研究代表者 小金井 : 東京学芸大学自然科学系 , 2018.3
3 研究成果報告書 ; 平成23年度-25年度 三次元レーザー計測を利用した古墳時代甲冑製作の復元的研究 / 吉村和昭研究代表 橿原 : 奈良県立橿原考古学研究所 , 2014.3
4 平成24-26年度 . 研究成果報告書 古墳時代木棺の展開過程における鎹の基礎的研究 / 岡林孝作研究代表 橿原 : 奈良県立橿原考古学研究所 , 2015.3
5 平成24年度~平成27年度 古墳時代の渡来系集団の出自と役割に関する考古学的研究 / 坂靖研究代表 橿原 : 奈良県立橿原考古学研究所 , 2016.3
6 平成27年度~平成29年度 古墳出土の釘に付着した材組織の観察からみた木棺の用材利用法と棺構造の復元的研究 / 研究代表者岡林孝作 橿原 : 奈良県立橿原考古学研究所 , 2018.3
7 平成27年度-平成30年度 . 研究成果報告書 中規模古墳の動態からみた大和政権の地域支配 / 研究代表者 高橋克壽 京都 : 花園大学 , 2019.3
8 平成28(2016)年度-平成30(2018)年度 . 研究成果報告書 北宋後期を中心に / 竹浪遠編著 京都 : 京都市立芸術大学 , 2019.3
9 (一般)研究成果報告書 ; 平成28年度-令和元年度 学校図書館における電子書籍利用環境構築のための実証的研究 / 植村八潮研究代表 ; 野口武悟研究分担 川崎 : 植村八潮 : 野口武悟 , 2020.3
10 研究成果報告書 ; 平成29年度〜令和元年度 周堤墓の出現に関する考古学的研究 / 坂口隆研究代表者 札幌 : 北海道大学アイヌ・先住民研究センター , 2020.3
11 研究成果報告書 ; 平成29(2017)~令和元(2019)年度 鎖国期から幕末明治にいたる外国人墓の基礎的研究 / 田中裕介研究代表者 別府 : 別府大学文学部 , 2020.3
12 平成29(2017)-令和2(2020)年度 「舞鶴市糸井文庫蔵浦島伝説関連資料の基礎的研究」研究成果報告書 : 伝説と文学とについての越境論的提言 / 畑恵里子編 静岡 : 静岡英和学院大学人間社会学部人間社会学科畑恵里子研究室 , 2021.3
13 平成30年度-令和2年度 開国期・危機的状況下における知識人の情報活動と意志決定過程に関する研究 / 嶋村元宏執筆・編集 [横浜] : [嶋村元宏] , 2021.3

書誌詳細を非表示

書誌ID BB12682162
本文言語 und
別書名 異なりアクセスタイトル:科学研究費助成事業 : 基盤研究C
異なりアクセスタイトル:科学研究費助成事業(学術研究助成基金)(基盤研究(C))
異なりアクセスタイトル:科学研究費助成事業学術研究助成基金助成金基盤研究(C)
異なりアクセスタイトル:科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金(基盤研究(C)))
異なりアクセスタイトル:科学研究費助成事業(基盤研究(C))
異なりアクセスタイトル:科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)
異なりアクセスタイトル:科学研究助成基金助成金(基盤研究(C))
異なりアクセスタイトル:日本学術振興会科学研究費助成事業 : 基盤研究(C)
異なりアクセスタイトル:日本学術振興会科学研究費助成事業(基盤研究(C))
異なりアクセスタイトル:日本学術振興会科学研究費(基盤研究(C))
NCID BB09837222

 この資料を見た人はこんな資料も見ています