こちらに共通ヘッダが追加されます。

このページのリンク

モーツァルティアーナ : エビサワ ビン センセイ コキ キネン ロンブンシュウ
モーツァルティアーナ : 海老澤敏先生古希記念論文集 / 海老澤敏先生古希記念論文集編集委員会編

データ種別 図書
出版者 東京 : 東京書籍
出版年 2001.11
大きさ 653p, 図版1枚 : 挿図, 肖像 ; 22cm

所蔵情報を非表示

今出川図書館 B2階書庫
760.4||E9138 019105608


書誌詳細を非表示

書誌ID BB00534917
本文言語 日本語,ドイツ語,英語
別書名 標題紙タイトル:Mozartiana : the festschrift for the seventieth birthday of professor Ebisawa Bin
異なりアクセスタイトル:モーツァルティアーナ : 海老沢敏先生古希記念論文集
内容注記 序章. モーツァルティアーナ
海老澤敏を論ずる / 徳丸吉彦著
第1章. モーツァルト研究
モーツァルトの「ピアノ協奏曲ニ短調」K.466 : その自筆譜と初演楽 器について / イングリト・フックス著 ; 山下道子訳
モーツァルトの「クレド」書法 / 礒山雅著
モーツァルトの易しいソナタの複雑な諸相 / 小山義武著
「ピアノ協奏曲第23番」K.488はモーツァルトがバルバラ・プロイヤー に献呈した3番目の協奏曲か? / ロバート・D・レヴィン著 ; 若松茂生訳
「狩」の展開 -- 典型としての例外 : モーツァルトの「弦楽四重奏曲変ロ長調」K.458のソナタ形式 / 前田昭雄著
モーツァルトの「ハイドン四重奏曲」 : 新全集の校訂とモーツァル トの作品概念をめぐって / 森泰彦著
コンサート・アリア「レチタティーヴォとアリア (ロンド) "どうして あなたが忘れられるだろうか -- 心配しなくともよいのです、愛する人 よ"」K.505をめぐる諸問題 / 竹内ふみ子著
モーツァルト1772年の飛躍 : 「創造的進化」の軌跡 / 田村和紀夫 著
ボローニャでの声変わり / 田辺秀樹著
モーツァルトとピアノ / 渡邊順生著
モーツァルトのオーボエ・パートにおけるcis'/des' / 安田和信著
モーツァルトのザルツブルク時代の宗教音楽と「ミサ曲ハ短調」 K.427 / ニール・ザスロウ著 ; 土田英三郎訳
第2章. モーツァルトの時代とモーツァルト受容
モーツァルトのための「ソネット」(1770年1月、ヴェローナ)の作者ザッカリア・ベッティ / ルードルフ・アンガーミュラー著 ; 藤原一弘訳
射的 : モーツァルト時代 (1770-1795) のザルツブルクにおける日曜日の娯楽 / ギュンター・G・バウアー著 ; 藤原一弘訳
同時代人たちの手紙におけるモーツァルトに関する報告 : ウィーン楽友協会図書館に所蔵される注目されなかった資料 / オットー・ビーバ著 ; 礒山雅訳
モーツァルト時代のジェンダー : マッダレーナ・ロンバルディーニ= シルメン (1745-1818) の事例を通して / 小林緑著
ロホリッツによるモーツァルトとラファエロとの比較論 : モーツァ ルト初期受容の一側面 / 松田聡著
明治・大正時代における日本のモーツァルト受容 / 西原稔著
昭和初期国内プレスSPレコードにみるモーツァルト受容 / 渡辺千栄子著
「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」K.525の受容と普及をめぐっ て / 吉成順著
第3章. 西洋音楽史研究
"天使セラフィム"を通して見る「オリーヴ山のキリスト」 / 藤本一 子著
「日本の歌」作品15の草稿に反映されたザルツブルク時代のアイネム / 樋口隆一著
もうひとつの「ディアベッリ変奏曲」をめぐって / 平野昭著
トロカデロ宮とフランスオルガン音楽 / 井上さつき著
ジョヴァンニ・アンドレーア・ボンテンピに関する一考察 : ドイツで初演されたイタリア・オペラ「パリデ」への道 / 川端眞由美著
マレンツィオの4声マドリガーレにおける歌詞の選択 : マドリガーレにおける歌詞の傾向 (4) / 岸本宏子著
新しいC.P.E.バッハ像に向けて : 1988年以降の研究動向を視点とし て / 久保田慶一著
シュッツの「12曲の教会聖歌集」作品13 (1657) について / 正木光江著
シューベルト「冬の旅」再考 / 三宅幸夫著
18世紀末ドイツ文芸誌における詩と音楽について / 村田千尋著
ベートーヴェン、初期ピアノ・ソナタの展開部 : 試行錯誤の日々 / 佐野光司著
バロック期フランスの音楽文献に見るフランス語音節の長短論 : バシイを中心に / 内野允子著
H.ミトビウスの「プサルモディア・クリスティアーナ」(1665) : ル ター派正統主義教会の音楽観をさぐる / 山下道子著
第4章. 音楽の理論と美学
Th.W.アドルノ「新音楽の哲学」におけるAuthentizität / 東口豊著
ルネサンス音楽理論における「調和分割」 / 片山千佳子著
「うたう」ということ / 川田順造著
ラグネとル・セールの音楽論争に見る国民様式意識の形式 / 小穴晶子著
記号論の音楽への応用 : C.S.PeirceおよびA.J.Greimasをとりあげ て / 大久保靖子著
「哲学者」たちの自然 : ルソー=ラモー論争をめぐって / 佐々木健一著
芸術における即興と協働 : 集団即興をめぐる断片的メモ / 鷲見洋一著
音楽学としての音楽理論 : リーマン再考 / 角倉一朗著
ふたつの音楽 : ギリシア音楽断章 / 利光功著
第5章. 社会と文化
幼稚園の創始者フレーベルの唱歌遊戯の教育 / 藤田芙美子著
スウィフトにとってアイルランドとは何か / 海保真夫著
ブリューゲルの耳 : 音の聞こえる絵 / 森洋子著
古典音楽への一般受容者的接近の試み / 茂木一衞著
20世紀初頭のイギリスにおけるヨーロッパ大陸の音楽受容 / 楢崎洋子著
音楽史のなかの英語賛美歌 : 21世紀に受け継がれる基本レパートリーをめぐって / 横坂康彦著
第6章. 日本と世界
日本の雅楽と唐の雅楽および燕楽 / 張前著
北園克衛と音楽 (2) : 1950年代のアプローチその1 / 長木誠司著
音楽についての音楽 : 日本におけるマーラー受容に関する一考察 / 船山隆著
秘められた転機 : 山田耕筰の1917年 / 後藤暢子著
世界のなかの江戸洋楽史 : 江戸期洋楽史料からみた西洋音楽 / 笠原潔著
Fancy gagaku 源博雅作曲「五行長秋楽」 / 芝祐靖著
大正期日本の西洋音楽受容の一側面 : 澤田柳吉と久野ひさのベートーヴェン演奏の様式分析 / 渡辺裕著
一般注記 執筆: アンガーミュラー, ルードルフほか
海老澤敏先生の肖像あり
海老澤敏先生の略歴と業績: p[625]-648
著者標目 海老澤敏先生古希記念論文集編集委員会 <エビサワ ビン センセイ コキ キネン ロンブンシュウ ヘンシュウ イインカイ>
件 名 BSH:Mozart, Wolfgang Amadeus
BSH:海老沢, 敏
BSH:音楽
分 類 NDC8:760.4
NDC9:760.4
巻冊次 ISBN:4487797330 ; PRICE:5500円 RefWorks出力(各巻)
NCID BA54762390
目次・あらすじ

 類似資料