こちらに共通ヘッダが追加されます。

このページのリンク

ゲンジ モノガタリ ヨミ ノ コウキョウ
源氏物語「読み」の交響 / 源氏物語を読む会編
(新典社研究叢書 ; 193, 263, 325)

データ種別 図書
出版者 東京 : 新典社
出版年 2008.11-
大きさ 冊 : 挿図 ; 22cm

所蔵情報を非表示

今出川図書館 B2階書庫 [1] 913.36||G9210||1 089107011


今出川図書館 B2階書庫 2 913.36||G9210||2 149106027


今出川図書館 B2階書庫 3 913.36||G9210||3 209101285


文学部 国文(徳照館配架分) [1] 913.36||G9210||1 092201784


書誌詳細を非表示

書誌ID BB10290139
本文言語 日本語
別書名 異なりアクセスタイトル:源氏物語読みの交響
内容注記 [1]: 「心」を汚す : 六条御息所物語における「水」 / 石阪晶子 [著]
葵上の死 / 塩見優 [著]
「松風」・「薄雲」巻における明石姫君 : 「生ひ先」に託された思惑 / 青木慎一 [著]
野分巻の冬の町 : 初音巻との比較から浮かび上がる六条院 / 西野入篤男 [著]
鬚黒北の方と紫上 : 葛藤する「前妻」たち / 笹生美貴子 [著]
柏木・夕霧と「あはれ」希求の物語 : 第一〜第二部世界への橋渡し「石上中納言物語」との交渉 / 永井崇大 [著]
「浦島の子」落葉の宮造型をめぐって : 御佩刀と経箱の象徴性 / 本橋裕美 [著]
「死に入る魂」は誰の魂か : 夕霧説再考 / 布村浩一 [著]
物の怪誕生 : 宇治の物の怪 / 阿部好臣 [著]
続・夕月夜の隠し絵 : 末摘花から浮舟へ (七夕伝説を紐帯として) / 舘入靖枝 [著]
『源氏物語』浮舟巻における情報と欲望構造 : 内宴と躍動する家司たち / 中丸貴史 [著]
『栄花物語』続編の章子内親王 : 投影される『源氏物語』 / 中村成里 [著]
別本『雲隠六帖』における皇位継承 : 新出蓬左文庫寄託本による作品論の試み / 桜井宏徳 [著]
窪俊満画「籬連をさな源氏十二番之内」について : 鴨川市所蔵藤澤衛彦コレクション「春興帖」より / 馬場淳子 [著]
2: 交響する人々光源氏を巡る女君 : 『源氏物語』組成論続章 / 阿部好臣 [著]
桐壺巻と賢木巻の交響 : 作中人物の内なる呂后説話から / 西野入篤男 [著]
『源氏物語』六条院における不在の女君 : 朝顔と夕顔 / 本橋裕美 [著]
葵上と浮舟 : 「高唐賦」の系譜とその作中機能 / 布村浩一 [著]
読む紫の上・語られる浮舟 : 「物語」とはちがう私の物語 / 三村友希 [著]
蛍兵部卿宮と明石入道についての覚書 : 六条院世界を支える者たち / 笹生美貴子 [著]
蛍兵部卿宮と匂宮 : 桐壺聖代観との関わりを中心として / 桜井宏徳 [著]
良清、惟光と大和の守 : 受領と夕霧の恋愛譚 / 池田大輔 [著]
物語における脅威としての地方/受領 : 伊予介と常陸介を中心に / 伊勢光 [著]
源典侍と弁の尼 : 亡き父へとつながる「昔語り」の女房 / 千野裕子 [著]
3: 『源氏物語』の本文についての疑義 : 「給へらむ」の表現をめぐって / 室城秀之 [著]
「夕顔」巻の巻末を端緒とした語り手評と読者との関係 / 松山典正 [著]
『源氏物語』薫の「あて」へのまなざしをめぐって : 父と子を繋ぐもの / 松本美耶 [著]
朧月夜と『伊勢物語』百一段 : 「花宴」巻を始発として / 竹田由花子 [著]
俊蔭物語の翻案(アダプテーション)としての明石入道の文 / 武藤那賀子 [著]
子どもを「抱く」こと : 『うつほ物語』と『源氏物語』「横笛」巻の比較から / 富澤萌未 [著]
「めしうど」という矜恃 : 『源氏物語』の侍女を『和泉式部物語』の「女」から読み解く / 池田大輔 [著]
「ことつく」攷 : 『源氏物語』と『夜の寝覚』 / 蕗谷雄輝 [著]
『源氏物語』の寡婦たち : 王朝物語史における「寡婦」の系譜 / 伊勢光 [著]
密通にもたらされる赦し : 『源氏物語』から『いはでしのぶ』へ / 毛利香奈子 [著]
女の描く「絵日記」: 『源氏』から『狭衣』・『浅茅が露』・『あま物語』における変容 / 八島由香 [著]
『源氏物語』「空蝉」出典論 / 張培華 [著]
自己を演出する光源氏 : 須磨巻引用再考 / 草場英智 [著]
『高唐賦』文学圏としての『源氏物語』 : 「明けぐれの夢」に注目して / 布村浩一 [著]
『栄花物語』「初花」の叙述と、『紫式部日記』・『源氏物語』「浮舟」の表現について : 『菅家後集』「敍意一百韻」の一節を媒介にして / 佐藤信一 [著]
『建礼門院右京大夫集』の幻視する『源氏物語』の世界 : 記憶にくるまれる右京大夫 / 三村友希 [著]
『源氏物語』「手習」巻における物の怪をめぐって : 紺青鬼説話・樹木怪異譚の視座を中心に / 笹生美貴子 [著]
『源氏物語』と『紅楼夢』の比較 : 「なく・なみだ」表現を中心に / 池間里代子 [著]
末摘花と花散里 : その織女性と神性から / 舘入靖枝 [著]
『源氏物語』と「日本紀」 : 光源氏のヒルコ引用をめぐって / 本橋裕美 [著]
『栄花物語』における藤原登子 : 『源氏物語』の投影 / 中村成里 [著]
高階成忠と明石の入道 : 『栄花物語』における『源氏物語』摂取の一断面 / 桜井宏徳 [著]
『源氏物語』に拠って語られる歴史 : 『今鏡』の『源氏物語』引用 / 小笠原愛子 [著]
名古屋市博物館蔵「源氏物語絵巻 桐壺」の絵画化 : フルテクストの源氏絵という観点から / 青木慎一 [著]
宇治・薫と仏教 : 「果て」を求めての覚書(第一稿) / 阿部好臣 [著]
著者標目  源氏物語を読む会(1999-) <ゲンジ モノガタリ オ ヨム カイ>
件 名 BSH:紫式部
BSH:源氏物語
NDLSH:源氏物語
NDLSH:紫式部(平安中期)
分 類 NDC9:913.36
巻冊次 [1] ; ISBN:9784787941930 ; PRICE:9450円 RefWorks出力(各巻)
2 ; ISBN:9784787942630 ; PRICE:9900円+税 RefWorks出力(各巻)
3 ; ISBN:9784787943255 ; PRICE:21400円+税 RefWorks出力(各巻)
NCID BA87930071
目次・あらすじ

 類似資料

 この資料を見た人はこんな資料も見ています