こちらに共通ヘッダが追加されます。

このページのリンク

クウソウ カラ カガク エノ シャカイ シュギ ノ ハッテン ; カゾク シユウ ザイサン オヨビ コッカ ノ キゲン ; フォイエルバッハ ト ドイツ コテン テツガク ノ シュウマツ ; サル カラ ジンルイ エノ イコウ ニオケル ロウドウ ノ ヤクワリ : ホカ
空想から科学への社会主義の発展 ; 家族,私有財産および国家の起原 ; フォイエルバッハとドイツ古典哲学の終末 ; 猿から人類への移行における労働の役割 : 他 / エンゲルス [著] ; 岡崎次郎 [ほか] 訳
(世界大思想全集 ; . 社会・宗教・科学思想篇 ; 13)

データ種別 図書
出版者 東京 : 河出書房
出版年 1955.12
大きさ 349p, 図版 1p ; 19cm

所蔵情報を非表示

今出川図書館 B1階書庫
081||S12||2:13 000218048


文学部 哲学
081||S12||2:13 000288218


人文科学研究所
081||S12||2:13 000246985


書誌詳細を非表示

書誌ID BB00785005
本文言語 日本語
別書名 背表紙タイトル:エンゲルス
著者標目  Engels, Friedrich, 1820-1895
 岡崎, 次郎(1904-) <オカザキ, ジロウ>
件 名 NDLSH:宗教
分 類 NDC8:108
巻冊次 PRICE:290円 RefWorks出力(各巻)
NCID BN05237997

 類似資料