こちらに共通ヘッダが追加されます。

このページのリンク

ヒガシアジア ノ チ : ブンカ ケンキュウ ノ キセキ ト テンボウ : ヒガシアジア ヒカク ブンカ コクサイ カイギ ニホン シブ ソウリツ ニジッシュウネン キネン ロンシュウ
東アジアの知 : 文化研究の軌跡と展望 : 東アジア比較文化国際会議日本支部創立二十周年記念論集 / 中西進編

データ種別 図書
出版者 東京 : 新典社
出版年 2017.10
大きさ 399p ; 21cm

所蔵情報を非表示

今出川図書館 開架
220.04||N9575 179106383


文学部 国文(徳照館配架分)
220.04||N9575 172203152


書誌詳細を非表示

書誌ID BB13028557
本文言語 日本語
内容注記 融合 (Fusion) : 韓国文化をめぐる仮説 / 中西進著
漢文訓読は解釈・翻訳なのか? : 『論語』学而「有朋自遠方来」の訓読再考 / 古田島洋介著
軽太子と衣通王 : 『万葉集』の視点、周作人の視点 / 井上さやか著
『遊仙窟』の贈答詩 : 中国少数民族の対歌習俗から考える / 曹咏梅著
人心を見守る目 : 吉備真備の学んだ兵法 / 西地貴子著
『源氏物語』桐壺巻「あやしきわざ」考 / 毛利美穂著
『三国遺事』に探る弥勒像の成立 : 「新羅花郎」を媒介として / 山田直巳著
常世は何処か : 古代中国の江南地方を仮説として / 王凱著
『毛詩』課本劇謡曲「周南」考述 / 王暁平著 ; 曹咏梅訳
日中韓国文学における王献之「青氈」逸話の受容 / 丹羽博之著
大伴家持と漢詩文 : 安積皇子挽歌と「反対」 / 塩沢一平著
立山二賦の成立 : 家持と池主の越中賦をめぐって / 鈴木道代著
「達哉楽天行」の詩境 : 『荘子』の「達生」及び馬祖禅の「達道」の「達」との関連 / 波戸岡旭著
菅原道真の対句・数詞表現について : 安倍興行との間に用いられた対句および数詞、故実のいくつかを通じて / 佐藤信一著
象潟の風景 : 芭蕉の西施の句をめぐって / 新間一美著
近世俳諧と白居易諷諭詩 : 『蠧集』第三歌仙発句考 / 安保博史著
『嵯峨日記』の「夢」論をめぐって / 塚越義幸著
二葉亭四迷の選択 : その選択を支えた漢学と外国語 / 渡邊晴夫著
近現代日本作家の「仮名文学」としての漢詩 : 夏目漱石・井伏鱒二・加藤周一の漢詩受容 / 彭佳紅著
韓国近代作家盧天命の作品「下宿」考察 : 翻訳された日本語の作品との比較を中心として / 朴美子著
世間の無常を厭へる歌 : 僧中の古歌をめぐって / 大谷歩著
日本における『金剛般若経』信仰と霊験記の普及 : 『金剛般若経集験記』と古代日本 / 山口敦史著
奇異について / 辰巳正明著
著者標目  中西, 進(1929-) <ナカニシ, ススム>
件 名 BSH:アジア研究
分 類 NDC8:220.04
NDC9:220
巻冊次 ISBN:9784787955142 ; PRICE:5800円+税 RefWorks出力(各巻)
NCID BB24857961
目次・あらすじ

 類似資料

 この資料を見た人はこんな資料も見ています