こちらに共通ヘッダが追加されます。

このページのリンク

セイヨウ チュウセイ セカイ ノ テンカイ
西洋中世世界の展開 / 堀米庸三編

データ種別 図書
出版者 東京 : 東京大学出版会
出版年 1973
大きさ 474p ; 22cm

所蔵情報を非表示

今出川図書館 3階北書庫
230.4||H8 740109131


神学部 閉架
230.4||H8 740401118


文学部 文化史
230.4||H8 740723066


書誌詳細を非表示

書誌ID BB00675442
本文言語 日本語
一般注記 内容:皇帝権と法王権ーカノッサ事件の一考察(堀米庸三) フランス封建社会 ブロワ伯ウード二世の一書簡の解釈の試みー11世紀の“封建制"の解明に寄せて(森洋) フランス封建王政の「構造」ー封建制国家の理念型的把握の一例(下野義朗) 西北フランスの『ブール』についてーその研究史的考察(井上泰男) フランス中世の家制度について(木村尚三郎) ライヒとラント ヴォルムス協約をめぐる諸問題(鹿子木幹雄) シトー会修道院フォークタイとドイツ王権ー在フランケン、ラングハイム修道院の場合(木村豊) 身分制社会の構造史的考察についてーオットー・ブルンナーの理論の再検討を中心に(成瀬治) ベーメンの封建制(進藤牧郎)
中世イギリスの貴族と王権 「フォウクランド」とは何か(青山吉信) ダラム司教領における権原開示訴訟ー1293-1307年のダラム・パラタイン伯領(赤沢計真) 中世イギリスの中央行政諸機関におけるKing′s clerks(東出功) 中世末期イングランドの国家財政における王領の問題(城戸毅) 宗教と思想 異端カタリ派についてーイタリア諸教団とその教説(渡辺昌美) 中世後期の社会宗教運動ー「使徒兄弟団」の生と死(今野国雄) 中世異端思想の構造ー12-14世紀における(樺山紘一) 記録と現実ーアントニオ・モロシーニの『年代記』について(堀越孝一) スイス傭兵制とツヴィングリ(森田安一) 『中世国家の構造』から『中世の光と影』へー堀米庸三教授の業績に寄せて(石川武)
著者標目  堀米, 庸三(1913-1975) <ホリゴメ, ヨウゾウ>
件 名 NDLSH:ヨーロッパ -- 歴史 -- 中世  全ての件名で検索
分 類 NDC8:230.4
NDC6:230.4
NDLC:GG117
巻冊次 PRICE:3500円 RefWorks出力(各巻)
NCID BN01850640

 類似資料

 この資料を見た人はこんな資料も見ています