こちらに共通ヘッダが追加されます。

このページのリンク

コダイ ブンガク ノ シソウ ト ヒョウゲン
古代文学の思想と表現 / 戸谷高明編
(新典社研究叢書 ; 124)

データ種別 図書
出版者 東京 : 新典社
出版年 2000.1
大きさ 543p ; 22cm

所蔵情報を非表示

今出川図書館 B2階書庫
910.23||T604 990108809


文学部 国文(徳照館配架分)
910.23||T604 032202812 徳照館書庫

書誌詳細を非表示

書誌ID BB00463523
本文言語 日本語
内容注記 日本書紀受容の一形態 : 「日本紀竟宴和歌」の世界から / 山崎正之 [著]
伊耶那岐命による黄泉国訪問神話の成立時期について / 福島秋穂 [著]
二つの「ヒルコ」神話序説 / 大内建彦 [著]
八百萬神とアマテラス / 松木直樹 [著]
歌うスサノヲ : 歌の神話史/思想史 / 土佐秀里 [著]
国作りの核たる出雲 : その象徴的意味 / 長野一雄 [著]
履中記の論 / 都倉義孝 [著]
詩と史のあいだ : 記紀伝承におけるワザウタの位相 / 内藤磐 [著]
『古事記』中・下巻の天皇記系譜について / 清祐義人 [著]
童子女松原伝承考 / 森朝男 [著]
常陸「国造」伝承とヤマトタケル / 森昌文 [著]
『続日本紀』養老改元記事における「白髪黒に反り〜」の表現について : 泉の「をち水」と神仙思想 / 丹羽晃子 [著]
天富命 : 『古語拾遺』の忌部氏系譜と祭儀 / 工藤浩 [著]
近代における『日本書紀』展覧会について : 京都で開催された撰録千二百年記念祭 / 及川智早 [著]
古代和歌における自然観 : 二景の「きほひ」 / 菊池威雄 [著]
「導入叙事詞」としての序詞 / 島田修三 [著]
短歌の構造と主体 : 「見れば・・・思ほゆ」の型をめぐって / 内藤明 [著]
額田王「三輪山惜別歌」考 / 門倉浩 [著]
天智・天武朝の美景観賞 : 「降雪問答歌」から「春秋競憐判歌」におよぶ / 高松寿夫 [著]
人麻呂歌集七夕歌の劇的構造 : 書くことによる創出 / 西條勉 [著]
人麻呂「河嶋皇子挽歌」論 / 木村康平 [著]
柿本人麻呂泣血哀慟歌における「使ひ」と「人」 / 曾田友紀子 [著]
持統朝宮廷讃歌の話者をめぐって / 太田豊明 [著]
車持千年の吉野行幸歌考 : 「畏」の表記をめぐって / 政所賢二 [著]
「言問はぬ木」の語るもの / 横倉長恒 [著]
第四期万葉人の歌学び : 女歌を中心として / 島田裕子 [著]
池主来贈戯歌と更来贈歌について : 盧舎那仏開眼の時代の思惟 / 岸正尚 [著]
家持の未奏歌 : 帰京後の宴 / 松田聡 [著]
紀古麻呂の秋宴詩の表現 : 「明離」と「重震」 / 月野文子 [著]
凌雲集の侍宴応詔詩について : 「衰勢」に向かう自然の描写をめぐって / 井実充史 [著]
催馬楽「貫河」攷 : 「知的な遊び」が生む「恋歌」 / 中田幸司 [著]
古代の笑い : 新羅郷歌・処容郎歌の土壌 / 土井清民 [著]
民衆世界の抒情詩 : 個の苦悩の古代的な克服 / 遠藤耕太郎 [著]
心の始源 / 棚木恵子 [著]
東歌の道 / 佐佐木幸綱 [著]
一般注記 戸谷高明教授著書論文目録(抄): p538-541
著者標目  戸谷, 高明(1929-) <トヤ, タカアキ>
件 名 BSH:戸谷, 高明
BSH:日本文学 -- 歴史 -- 古代  全ての件名で検索
NDLSH:日本文学 -- 歴史 -- 古代  全ての件名で検索
分 類 NDC8:910.23
NDC9:910.23
巻冊次 ISBN:4787941240 ; PRICE:13000円+税 RefWorks出力(各巻)
NCID BA44869751
目次・あらすじ

 類似資料

 この資料を見た人はこんな資料も見ています