こちらに共通ヘッダが追加されます。

このページのリンク

イデンシ シャカイガク ノ ココロミ : シャカイガクテキ バイオフォビア オ コエテ
遺伝子社会学の試み : 社会学的生物学嫌いを超えて / 桜井芳生, 赤川学, 尾上正人編著 ; 西谷篤 [ほか執筆]

データ種別 図書
出版者 東京 : 日本評論社
出版年 2021.3
大きさ x, 243p ; 22cm

所蔵情報を非表示

今出川図書館 開架
361||S10732 219101009


ラーネッド記念図書館 第2開架
361||S10732 219200443


書誌詳細を非表示

書誌ID BB13151128
本文言語 日本語
別書名 異なりアクセスタイトル:遺伝子社会学の試み : 社会学的生物学嫌いを超えて
内容注記 ツイッター遺伝子の発見? / 桜井芳生, 西谷篤, 赤川学ほか著
現代若者「生きにくさ」に対する、セロトニントランスポーター遺伝子多型5-HTTLPRの効果 / 桜井芳生, 西谷篤, 尾上正人著
セロトニントランスポーター遺伝子多型におけるヘテロ二本鎖解析の検討 / 西谷篤, 桜井芳生著
日本若年層の「スマホゲーム」頻度に対する、遺伝子一塩基多型〈SNP〉rs4680の看過しがたい効果 / 桜井芳生, 西谷篤, 尾上正人ほか著
「社会学の危機」から、「バイオダーウィニスト」の「理解」社会学へ / 桜井芳生著
高田少子化論の進化論的基盤 / 赤川学著
育ち〈Nurture〉の社会生物学に向けて / 尾上正人著
進化社会学的想像力 / 三原武司著
「女性特有の病気だから」という理由で沈黙せざるを得ない父親たち / 高口僚太朗著
バイオダーウィニズムによる〈文化〉理論 / 桜井芳生著
「待ち時間」としてのヒトの長い長い子ども期 / 尾上正人著
ある種の両性生殖生物のオス〈たとえばヒトの男〉は、なぜ母子を扶養するのか / 桜井芳生著
高緯度化と農耕を通じた女の隷属 / 尾上正人著
若者の若者文化離れ仮説への、ホルモン時系列推移の状況証拠 / 桜井芳生著
一般注記 その他の執筆者: 安宅弘司, 丸田直子, 三原武司, 高口僚太朗
文献: 章末
著者標目  櫻井, 芳生 <サクライ, ヨシオ>
 赤川, 学(1967-) <アカガワ, マナブ>
 尾上, 正人(1967-) <オノウエ, マサト>
西谷, 篤 <ニシタニ, アツシ>
件 名 BSH:社会学
BSH:人類遺伝学
BSH:社会生物学
BSH:進化論
NDLSH:社会学
NDLSH:人類遺伝学
NDLSH:社会生物学
分 類 NDC9:361.04
NDLC:EC1
NDC10:361
巻冊次 ISBN:9784535587564 ; PRICE:5200円+税 RefWorks出力(各巻)
NCID BC06604349
目次・あらすじ

 類似資料