こちらに共通ヘッダが追加されます。

このページのリンク

グビジンソウ ノワキ コウフ
虞美人草・野分・坑夫 / 浅田隆, 木股知史編
(漱石作品論集成 ; 第3巻)

データ種別 図書
出版者 東京 : 桜楓社
出版年 1991.7
大きさ 284p ; 22cm

所蔵情報を非表示

今出川図書館 開架
910.28K||N-20||3 911005622


ラーネッド記念図書館 第1開架
910.28K||N-20||3 910002338


文学部 国文(明徳館配架分)
910.28K||N-20||3 912016389


書誌詳細を非表示

書誌ID BB00820454
本文言語 日本語
内容注記 「虞美人草」論 / 平岡敏夫著
漱石の反自然主義をめぐって : 『虞美人草』の周辺 / 遠藤祐著
『虞美人草』 : 文明の功罪 / 熊坂敦子著
喜劇の時代 : 『虞美人草』 / 越智治雄著
二つの「遐なる」もの : 『虞美人草』周辺 / 竹盛天雄著
虚構と時間 : 『虞美人草』の世界 / 石崎等著
クレオパトラと藤尾 / 平川祐弘著
『虞美人草』論ノオト / 大久保典夫著
『虞美人草』の文脈 / 磯田光一著
「虞美人草」 : 藤尾の死をめぐる序章 / 内田道雄著
母を打つ :『虞美人草』 / 米田利昭著
野分 / 越智治雄著
『野分』私論 / 西垣勤著
『野分』考 : 意図と表現の間 / 池内輝雄著
観念と現実 : 『野分』論 / 小泉浩一郎著
『野分』 : 再びその〈文学〉とは何か / 佐藤泰正著
『野分』論 / 酒井英行著
「意識の流れ」小説の伝統 : 『坑夫』『盲目の川』『この三つのもの』 / 中村真一郎著
漱石『坑夫』試論 : 坑道と梯子 / 佐々木充著
『坑夫』論 / 石嶋淳子著
『坑夫』 : 〈意識の流れ〉の試み / 佐藤泰正著
『坑夫』論 / 酒井英行著
「坑夫」論 : 意図と方法 / 重松泰雄著
著者標目  浅田, 隆(1943-) 編 <アサダ, タカシ>
 木股, 知史(1951-) 編 <キマタ, サトシ>
件 名 BSH:夏目, 漱石
NDLSH:夏目, 漱石(1867〜1916)
分 類 NDC8:910.268
巻冊次 ISBN:4273024128 ; PRICE:4200円 RefWorks出力(各巻)
NCID BN06496017
目次・あらすじ

 類似資料

 この資料を見た人はこんな資料も見ています