こちらに共通ヘッダが追加されます。

このページのリンク

ウミ カタ ニホンジン : ニホンカイ ブンメイ コウリュウケン
海・潟・日本人 : 日本海文明交流圏 / 小泉格, 安田喜憲編
(文明と環境 / 梅原猛, 伊東俊太郎監修)

データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 1993.2
大きさ 302p : 挿図 ; 20cm

所蔵情報を非表示

今出川図書館 3階北書庫
210.3||K328 931000770


ラーネッド記念図書館 第1開架
210.3||K328 930000828


文学部 文化史
210.3||K328 932006590


文学部 文化史・考古学資料室
210.3||K328 082205798


歴史資料館
210.3||K328 189500612


書誌詳細を非表示

書誌ID BB00878744
本文言語 日本語
内容注記 古代日本海文化と潟港 / 森浩一 [執筆]
日本人二重構造論 / 埴原和郎 [執筆]
海からみた文明の盛衰 / 原田憲一 [執筆]
古代北方農耕文化の源流 / 吉崎昌一 [執筆]
環オホーツク海の古代文化 / 菊池俊彦 [執筆]
日本海の変遷と日本海文化 / 小泉格 [執筆]
アケボノ象は雪を見たか / 高山俊昭 [執筆]
気候変動と日本海 / 多田隆治 [執筆]
花粉分析からみた日本海の環境 / 山野井徹 [執筆]
日本海の生物の発展・絶滅 / 野村律夫 [執筆]
一般注記 内容: はしがき(梅原猛, 伊東俊太郎), 第一章: 古代日本海文化と潟港, 第二章: 日本人と海(1「日本人二重構造論」, 2「海からみた文明の盛衰」), 第三章: 北の海からみた日本文化(1「古代北方農耕文化の源流」, 2「環オホーツク海の古代文化」), 第四章: 日本海の変遷(1「日本海の変遷と日本海文化」-3「気候変動と日本海」), 第五章: 日本海の古環境(1「花粉分析からみた日本海の環境」, 2「日本海の生物の発展・絶滅」), あとがき(小泉格, 安田喜憲)
著者標目  小泉, 格(1937-) 編 <コイズミ, イタル>
 安田, 喜憲(1946-) 編 <ヤスダ, ヨシノリ>
 梅原, 猛(1925-) 監修 <ウメハラ, タケシ>
 伊東, 俊太郎(1930-) 監修 <イトウ, シュンタロウ>
 森, 浩一(1928-2013) <モリ, コウイチ>
 埴原, 和郎(1927-2004) <ハニハラ, カズロウ>
 原田, 憲一(1946-) <ハラダ, ケンイチ>
 吉崎, 昌一(1931-2007) <ヨシザキ, マサカズ>
 菊池, 俊彦(1943-) <キクチ, トシヒコ>
 小泉, 格(1937-) <コイズミ, イタル>
 高山, 俊昭(1936-) <タカヤマ, トシアキ>
 多田, 隆治(1954-) <タダ, リュウジ>
 山野井, 徹(1944-) <ヤマノイ, トオル>
 野村, 律夫(1952-) <ノムラ, リツオ>
件 名 BSH:日本 -- 歴史 -- 古代  全ての件名で検索
BSH:日本海
NDLSH:考古学
NDLSH:日本-- 遺跡・遺物
分 類 NDC8:210.3
NDC8:210.2
巻冊次 ISBN:4062056577 ; PRICE:2400円 RefWorks出力(各巻)
NCID BN08755615
目次・あらすじ

 類似資料