こちらに共通ヘッダが追加されます。

このページのリンク

ドイツ センソウ セキニン ロンソウ : ドイツ サイ トウイツ ト ナチズム ノ カコ
ドイツ戦争責任論争 : ドイツ「再」統一とナチズムの「過去」 / ヴォルフガング・ヴィッパーマン著 ; 増谷英樹訳者代表

データ種別 図書
出版者 東京 : 未來社
出版年 1999.11
大きさ 241, xp ; 19cm

所蔵情報を非表示

社会学部 B1書庫
234.074||W694-1F 992301579


政策学部 脇圭平文庫
234.074||W694-1F 095701841


書誌詳細を非表示

書誌ID BB00461741
本文言語 日本語
別書名 原タイトル:Wessen schuld? : vom Historikerstreit zur Goldhagen-Kontroverse
異なりアクセスタイトル:ドイツ戦争責任論争 : ドイツ再統一とナチズムの過去
一般注記 「歴史家論争、歴史修正主義ならびにゴールドハーゲン論争に関する文献解題」: p215-228
追加参考文献: p229-230
原著: (Berlin : Elefanten Press, 1997)
ゴールドハーゲン論争とは、1996年4月にアメリカで刊行された本がひき起こした論争.(ドイツ語版は1996年8月刊): "Goldhagen, D.J., Hitler's willing executioners : ordinary Germans and the Holocaust, 1996."
著者標目  Wippermann, Wolfgang, 1945-
 増谷, 英樹(1942-) 訳者代表 <マスタニ, ヒデキ>
件 名 NDLSH:ドイツ -- 歴史 -- 1933〜1945  全ての件名で検索
NDLSH:ナチズム
BSH:ユダヤ人
BSH:世界大戦(第二次)
FREE:Goldhagen, Daniel Jonah
分 類 NDC9:234.074
NDLC:GG427
巻冊次 ISBN:4624111753 ; PRICE:1800円+税 RefWorks出力(各巻)
NCID BA4465003X
目次・あらすじ

 類似資料

 この資料を見た人はこんな資料も見ています