こちらに共通ヘッダが追加されます。

このページのリンク

トンボ ト シゼンカン
トンボと自然観 / 上田哲行編

データ種別 図書
出版者 京都 : 京都大学学術出版会
出版年 2004.11
大きさ x, 504p : 挿図 ; 22cm

所蔵情報を非表示

今出川図書館 B1階書庫
486.39||U9613 049106262


ラーネッド記念図書館 第3開架
486.39||U9613 049203675


書誌詳細を非表示

書誌ID BB10082537
本文言語 日本語
別書名 背表紙タイトル:How do the Japanese see dragonflies?
その他のタイトル:How do Japanese see dragonflies
一般注記 その他の標題は標題紙裏による
索引: p491-504
内容: キアカネにおける「虫」から「風景」への転換(上田哲行著), 蜻蛉、呼称の推移にみられる象徴性(横尾文子著), 中国大陸における民俗学的トンボのイメージについて(朱燿沂著), 韓国におけるトンボの象徴性;「朝鮮王朝実録」の昆虫とその象徴性(鄭光著), トンボに美を見る(古賀悦子著), 日本の近現代文学に見るトンボ(横尾文子著),トンボの方言から見えてくるもの(斎藤慎一郎著), もう一つの赤とんぼ(東和敬,沢辺京子,上田哲行著), 日本人はトンボをどのように見てきたか(上田哲行著), 怨霊の自然観(横尾文子著), 蜻蛉とる子は知恵を得ぬ(上田哲行著), 害虫観の近代(瀬戸口明久著), ゴケグモ騒動からみた日本人の自然観(吉田真著), クモの喧嘩遊びをめぐる民俗文化論(斎藤慎一郎著), クモ合戦の生態学(吉田真著), 俳句にみる自然観の変遷(遊磨正秀著), 江戸の虫たちをめぐる表象と言説;ファーブル「昆虫記」の翻訳と読者(遠藤彰著), 現代日本人の自然観の構造(上田哲行著)
著者標目  上田, 哲行 <ウエダ, テツユキ>
件 名 NDLSH:とんぼ
NDLSH:昆虫
分 類 NDC8:486.39
NDC9:486.39
巻冊次 ISBN:487698638X ; PRICE:5700円+税 RefWorks出力(各巻)
NCID BA69371819
目次・あらすじ

 類似資料

 この資料を見た人はこんな資料も見ています