こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1012020-04-01 07:14 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000008609

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
028003110016 pdf  6.76 MB  87

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 9487
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000008609
タイトル ドイツにおけるおとり捜査の法的帰結
タイトル(ヨミ) ドイツ ニ オケル オトリ ソウサ ノ ホウテキ キケツ
タイトル(その他) Rechtlische Konseqvensen der rechtswidrige Tatprovokation in Deutschland
著者 宮木, 康博
著者(ヨミ) ミヤキ, ヤスヒロ
著者(その他) Miyaki, Yasuhiro
所属 同志社大学大学院法学研究科博士課程後期課程
刊行物名 同志社法學
The Doshisha Hogaku (The Doshisha law review)
57
6
開始ページ 489
終了ページ 548
刊行年月日 2006-02-28
内容記述 わが国では、主に薬物犯罪に対する捜査方法として、おとり捜査が実施されてきた。薬物犯罪は、被害者が存在せず、秘密裡に行われることから犯罪の解明に困難を伴う。それゆえ、おとりが購入者を装って対象者と接触し、取引後に逮捕するといった捜査手法が用いられているのである。他方、おとり捜査はこうした犯罪類型に対して効果的であるとしても、対象者に働きかけて犯罪を実行させるという特質を有することから、無制限に許容されるわけではない。 では、おとり捜査が違法と判断された場合、被誘発者の刑事手続および刑事責任にいかなる影響を及ぼすのであろうか。おとり捜査のリーディングケースとされる昭和28年3月5日決定では、「犯罪実行者の犯罪構成要件該当性又は責任性若しくは違法性を阻却し又は公訴提起の手続規定に違反し若しくは公訴権を消滅せしめるものとすることはできない」と判示した。この判示からは、違法なおとり捜査の訴訟法的効果を及ぼすことに否定的であると解することもできる。しかし、本決定に対しては、「その後のデュー・プロセス思想の進展の中で最高裁が今日もなおこの立場に固執しているかは疑問であり、その判例は実質的拘束力を失っている」とも指摘され、学説は一般に、法的効果が生じることを肯定している。また、近時の平成16年7月12日の最高裁判決は、おとり捜査が違法となる余地を認めており、違法と判断された場合の法的帰結を検討しておく必要性は増しているように思われる。 こうした検討にあたって有益と思われるのがドイツの動向である。ドイツでは、1980年代以降、違法なおとり捜査の法的帰結について判例上興味深い変遷をたどっており、それに対する学説の議論も活発になされている。そこで、本稿では、わが国の違法なおとり捜査の法的帰結について検討する足がかりとしてドイツの判例・学説を整理し、若干の考察を加えた。
主題 おとり捜査
法的効果
法的帰結
訴訟障害
人的処罰阻却事由
量刑
欧州人権裁判所
日本十進分類法 327.934
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社法學
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00960336/?lang=0