こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:6,1592020-04-09 08:18 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000008603

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
028003110009 pdf  650. KB  2,308

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 9480
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000008603
タイトル 不作為による殺人罪と保護責任者遺棄罪の限界
タイトル(ヨミ) フサクイ ニ ヨル サツジンザイ ト ホゴ セキニンシャ イキザイ ノ ゲンカイ
タイトル(その他) Die Grenze zwischen Toetung durch Unterlassen und Aussetzung
著者 十河, 太朗
著者(ヨミ) ソゴウ, タロウ
著者(その他) Sogo, Taro
所属 同志社大学大学院司法研究科教授
刊行物名 同志社法學
The Doshisha Hogaku (The Doshisha law review)
57
6
開始ページ 287
終了ページ 328
刊行年月日 2006-02-28
主題 不作為による殺人
遺棄
作為義務
保障人的義務
保護責任
先行行為
日本十進分類法 326.23
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社法學
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00960336/?lang=0