こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:592020-07-09 13:35 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000008581

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
034057030017 pdf  851. KB  291

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 9457
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000008581
タイトル 所得格差の循環的変動と景気循環 ― 月次データによる考察 ―
タイトル(ヨミ) ショトク カクサ ノ ジュンカンテキ ヘンドウ ト ケイキ ジュンカン ゲツジ データ ニ ヨル コウサツ
タイトル(その他) Cyclical Fluctuation of Income Gap and Business Cycle: A Study Using Japanese Monthly Data
著者 宮﨑, 悟
著者(ヨミ) ミヤザキ, サトル
著者(その他) Miyazaki, Satoru
宮崎, 悟
所属 同志社大学大学院経済学研究科後期課程
刊行物名 經濟學論叢
Keizaigaku-Ronso (The Doshisha University economic review)
57
3
開始ページ 417
終了ページ 430
刊行年月日 2006-03-20
内容記述 本稿では、月次でのジニ係数によって日本の所得格差の変動を考察し、景気循環との関係について検討する。この結果、以下の4点を見出すこととなった。(1)所得格差は長期的に拡大するが、約10年強の周期で循環的に変動する。(2)景気後退には所得格差を拡大させる効果があり、景気拡張には格差を縮小させる効果がある。(3)所得格差と短期的な景気循環を表す変数との長期的関係は薄い。(4)所得格差の変動は中期的な景気循環から3〜4年遅れている。
In this paper, we consider the fluctuation of Japanese income gap using monthly Gini coefficient, and discuss the relation between the fluctuation of income gap and business cycle. Consequently, we find out the following four points. 1)The income gap is increasing for a long term, but it cyclically fluctuates at the cycle of about ten years or more. 2) Recessions have the effect of expanding the income gap, and business upturns have the effect of reducing the gap. 3) There is little long-term relation between the income gap and the variables that shows the short-term business cycle. 4) The fluctuation of the income gap is 3 or 4 years later to come than the mid-term business cycle (Juglar cycle).
主題 所得格差
景気循環
ジニ係数
日本十進分類法 331.85
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 經濟學論叢
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00957563/?lang=0