こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:322020-03-30 17:13 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000008572

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
034057030008 pdf  1.01 MB  705

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 9448
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000008572
タイトル 日本におけるフィッシャー仮説の検証 ― TARモデルを用いた一考察 ―
タイトル(ヨミ) ニホン ニオケル フィッシャー カセツ ノ ケンショウ TAR モデル オ モチイタ イチ コウサツ
タイトル(その他) A Note on Testing the Fisher Hypothesis in Japan: An Application of the TAR Model
著者 佐竹, 光彦
著者(ヨミ) サタケ, ミツヒコ
著者(その他) Satake, Mitsuhiko
所属 龍谷大学経済学部教授
刊行物名 經濟學論叢
Keizaigaku-Ronso (The Doshisha University economic review)
57
3
開始ページ 173
終了ページ 192
刊行年月日 2006-03-20
内容記述 通常のフィッシャー仮説はインフレ率の変化が名目利子率に反映していることを主張する。.しかしながら、Carmichael and Stebbing (1983)は、貨幣と債券などの金融資産の代替性が高いとき、すなわちインフレ率が低く安定的なときには、インフレ率の変化は名目利子率ではなく実質利子率に反映されるという`The Inverted Fisher Hypothesis'がアメリカとオーストラリアで成立することを示した。またChoi (2003)は、インフレ率が高く変動の激しい時期と低く安定的な時期の2局面に分ける非線形モデルを用い、アメリカにおいてインフレ率が低い時期には`The Inverted Fisher Hypothesis'が支持されることを示した。本稿では、Choi (2003)の考えに従って、上のような2局面をTAR(Threshold Autoregressive)モデルによって考慮して、フィッシャー仮説を検証した。その結果日本においても、インフレ率が低く安定している局面で`The Inverted Fisher Hypothesis'が成立する可能性のあることが示された。
The Fisher hypothesis means that a one-for-one relationship is observed between the nominal interest rate and inflation rate. However, Carmichael and Stebbing (1983) show that `The Inverted Fisher Hypothesis', which means the one-for-one relationship between the real interest rate and inflation rate, is supported in the United States and Australia when there is a high degree of substitution between money and financial assets, i.e. the time when the inflation rate is stable. Choi (2003) also finds the relationship by using the nonlinear model in the United States in order to divide the data into two regimes, i.e. the one when the inflation rate is persistent and the other when it is stable. In this paper, we examine the Fisher hypothesis and the Inverted Fisher hypothesis in Japan by using the TAR (Threshold Autoregressive) model which contains the two regimes, according to the idea of Choi (2003). We found the possibility that the Inverted Fisher hypothesis holds.
主題 フィッシャー仮説
インフレ率
利子率
日本十進分類法 338.12
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 經濟學論叢
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00957563/?lang=0