こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1312020-07-09 15:12 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000008571

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
034057030007 pdf  2.62 MB  2,485

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 9447
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000008571
タイトル 都市化の進展と鉄道需要
タイトル(ヨミ) トシカ ノ シンテン ト テツドウ ジュヨウ
タイトル(その他) Urbanization and Rail Transportation Demand
著者 徳岡, 一幸
著者(ヨミ) トクオカ, カズユキ
著者(その他) Tokuoka, Kazuyuki
所属 同志社大学経済学部教授
刊行物名 經濟學論叢
Keizaigaku-Ronso (The Doshisha University economic review)
57
3
開始ページ 135
終了ページ 172
刊行年月日 2006-03-20
内容記述 日本の都市化は鉄道沿線を中心に展開し、高密度な都市圏を沿線にもつことで大量高密度な交通需要を生み出してきた。鉄道沿線の空間特性が鉄道需要にえる影響に着目して、沿線の空間特性を説明変数として含む民鉄の需要関数の推定を、クロスセクション・データを用いて試みた。その結果から、沿線が中心都市と郊外の密接な関係によって形成されている都市圏として高密度な空間であるとき、鉄道はそれらの間を結ぶ交通手段として多くの需要を獲得できることが示された。
In the process of urbanization of Japan, railways have been playing an important role, and as a result, the areas along the railroad lines have become densely populated and generated large and dense passenger demand for railways. We estimated demand functions, using cross-section data, in order to examine the relationship between the spatial structure of those areas and rail-passenger demand. The estimated results show that if the areas along the railroad lines contain metropolitan areas, where the central cities and their suburbs are closely linked and densely populated, railways can win a large passenger demand by connecting the central cities and suburbs.
主題 都市化
都市圏
鉄道需要
日本十進分類法 361.78
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 經濟學論叢
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00957563/?lang=0