こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:802020-04-01 09:02 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000008566

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
034057030002 pdf  1.58 MB  64

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 9442
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000008566
タイトル 東アジア経済の動態 ― 成長・循環と「アジア金融危機」 ―
タイトル(ヨミ) ヒガシ アジア ケイザイ ノ ドウタイ セイチョウ ジュンカン ト アジア キンユウ キキ
タイトル(その他) The East Asian Economic Dynamics: Growth, Cycles and The Asian Financial Crisis
著者 篠原, 三代平
著者(ヨミ) シノハラ, ミヨヘイ
著者(その他) Shinohara, Miyohei
所属 一橋大学名誉教授
刊行物名 經濟學論叢
Keizaigaku-Ronso (The Doshisha University economic review)
57
3
開始ページ 1
終了ページ 28
刊行年月日 2006-03-20
内容記述 アジアNIEs、ASEAN4など、東アジア経済過去数10年のダイナミックな成長・投資循環の過程を、(1)資本ストック調整要因、(2)為替調整の役割、(3)海外融資フローの急昇と低落、(4)インフレに伴うバブル要因の累積とその崩壊といった、いくつかの角度から数量的に分析する。これには、輸出と国内投資の循環的な共変性や、1997年「アジア金融危機」以前・以後の投資/GDP比率の急激な上昇と下降の分析も含まれている。
It includes quantitative analyses of the growth and investment cycles of the East Asian Economies, covering the Asian NIEs and ASEAN4, in the past more than twenty years. Analytical emphases are particularly placed on the following factors; (1)capital stock adjustments, (2)changing processes of exchange rates, (3)unstable and massive fluctuations of overseas loans coming in and out, and (4)the accumulation and collapse of bubble factors accelerated by rapid inflationary processes in the past. It also covers the analyses of cyclical covariations of exports and domestic investments, and the dramatic ups and downs of the investment / GDP ratios, just before after the Asian financial Crisis of 1997.
主題 Per Capita Real GDP (PPP base) of East Asian Countries
Investment / GDP Ratio of East Asian Countries
1997 Asian Financial Crisis
日本十進分類法 332.2
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 經濟學論叢
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00957563/?lang=0