こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:552020-04-09 08:15 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000008547

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
006008040004 pdf  206. KB  34

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 9418
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000008547
タイトル The representation of savagery and civilization in the old curiosity shop
タイトル(その他) 『骨董店』における野蛮と文明の表象
コットウテン ニオケル ヤバン ト ブンメイ ノ ヒョウショウ
骨董店における野蛮と文明の表象
著者 Tamai, Fumie
著者(その他) 玉井, 史絵
タマイ, フミエ
所属 同志社大学言語文化教育研究センター助教授
刊行物名 言語文化
Doshisha Studies in Language and Culture
8
4
開始ページ 739
終了ページ 760
刊行年月日 2006-03-10
内容記述 ディアドレ・ディヴィッドは、『骨董店』の分析において「野蛮な」クウィルプと「文明化された」ネルという二項対立に着目し、ネルの苦しみは野蛮人の脅威の下に苦しむイギリス人女性の苦しみであり、クウィルプは彼女の犠牲によってのみ制御されうる「暗い野蛮な力」(63)を象徴していると論じている。けれども「野蛮な」クウィルプ=被征服者の象徴と捉え、文明を代表するネルと対比させるディヴィッドの論はこの小説をやや単純化して解釈しているように思われる。そこで「野蛮」と「文明」の表象を再検討し、ディヴィッドの論を修正するのが本論の目的である。『骨董店』は、文明は外界の自然に対する勝利であると同時に、人間の基本的性質に対する勝利として捉えられていた時代に書かれた。1830年代後半から1840年代前半のイギリスはしかしながら、このような信念とは裏腹に経済的、社会的、政治的危機に瀕した混乱と混沌の時代であった。本論では、ディケンズがそのような時代を背景に、文明を野蛮との対立によってではなく、野蛮との分かちがたい関係によって捉え、文明という概念を再定義したことを検証する。また、彼が人間的感受性にもとづいた調和的な文明発展の可能性を、テキストで呈示していることを明らかにする。最後に当時の批評を検討し、作品が同時代の読者に与えた影響を検討する。
Although more than two decades have passed since imperialism in Victorian literature became one of the central subject of scholarly interest, The Old Curiosity Shop has never been discussed in relation to imperialism. The only exception is Deirdre David's reading of the novel, which focuses upon the contrast between savage, dark, male Quilp and civilized, pale, female Nell. Her reading, however, fails to explain the complex relationships between savagery and civilization, situating savagery outside a British society. The purpose of this paper is to reexamine the representation of savagery and civilization, which cannot be explained by simple dichotomy. The essay demonstrates that Dickens problematizes the notion of civilization by defining it not in contrast to savagery, but in an inseparable relationship with savagery, and that he presents a new model for the peaceful progress of civilization without violence by evoking a humane sensibility towards others in the reader's mind, trying to propagate his ideal in the real world beyond the world of fiction. I also examine the contemporary critics' response to the novel in order to see to what extent Dickens's attempt was successful.
主題 The Old Curiosity Shop
savagery
civilization
a new model for the peaceful progress of civilization
日本十進分類法 933.6
本文言語 English (英語)
カテゴリ 言語文化
言語文化
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00952232/?lang=0