こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:712019-12-13 15:38 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000008534

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
020000790001 pdf  65.3 KB  74

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 9405
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000008534
タイトル Athelstan王のSir Guy of Warwickへの弔詞
タイトル(ヨミ) Athelstan オウ ノ Sir Guy of Warwick ヘノ チョウシ
タイトル(その他) King Athelstan's Lament for Sir Guy of Warwick
著者 秋篠, 憲一
著者(ヨミ) アキシノ, ケンイチ
著者(その他) Akishino, Kenichi
所属 同志社大学文学部英文学科助教授
刊行物名 同志社大学英語英文学研究
Doshisha studies in English
79
開始ページ 1
終了ページ 22
刊行年月日 2006-03
内容記述 13世紀の前半にアングロ・ノルマン語でGui de Warewicが書かれて以来、聖人伝と騎士物語の要素を兼ね備えたGuyの物語は聴衆・読者を魅了し、その13世紀のロマンスを基にした中英語で書かれた作品も三つの写本の中に残っている。拙論では、現存する中英語版の中のCaius写本をとりあげ、典拠となったアングロ・ノルマン語版や他の中英語版と比較し、その特徴について考察する。方法としては、Caius写本独自のものであるAthelstan王のGuyへの弔詞に焦点をあてる。王が隠者として昇天したGuyへ捧げる46行にわたるこの哀悼の辞は詩の中で注目に値する。他の版に比べて簡略化が目立つこの詩人がなぜ弔詞を加筆したのか。王は主人公のいかなる"adventures"をどのように語り、評価するのか。この弔詞がロマンスにおいて果たす役割はなにか。またこの弔詞ときわめて簡略化が目立つ回心、告白の場面および重要なエピソードの改変、削除との関連性はあるのか。さらに王によるGuyの武勲の総括があるのに、なぜエピローグで詩人自身が再度Guyの生き様をふりかえるのか。これらの疑問に答えていく。Caius写本版では、騎士GuyのFelice (happyを意味するラテン語のfelixから由来)への愛の奉仕と、回心後の巡礼・隠者Guyの神への愛の奉仕が描かれる。詩人はGuyの人生がこの世の「幸福」から天の「至福」への遍歴の旅であることを教える。
主題 Caius写本
Gui de Warewic
Guy of Warwick
Felice
Athelstan

回心
告白
弔詞
エピローグ
日本十進分類法 933.4
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社大学英語英文学研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00960310/?lang=0