こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1332019-12-11 18:55 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000007731

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
027000440002 pdf  431. KB  938

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 8458
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000007731
タイトル スポーツ選手の資質の検討における骨密度測定の可能性
タイトル(ヨミ) スポーツセンシュ ノ シシツ ノ ケントウ ニ オケル コツミツドソクテイ ノ カノウセイ
タイトル(その他) Proposed Application of a Bone Density Measurement to the Evaluation of Athletes' Talent
著者 藤澤, 義彦
田淵, 和彦
著者(ヨミ) フジサワ, ヨシヒコ
タブチ, カズヒコ
著者(その他) Fujisawa, Yoshihiko
Tabuchi, kazuhiko
所属 同志社大学商学部商学科教授 藤澤義彦
刊行物名 同志社保健体育
Doshisha Journal of Health and Sport Sciences
44
開始ページ 29
終了ページ 44
刊行年月日 2006-03-01
内容記述 従来よりフェンシング選手に必要と考えられる資質について,各種の測定を実施し検討を加えてきた.一般的に競技力を向上させるために必要な資質には,心理的側面と肉体側面に関係するものがあるように思われ,心理的,肉体的資質を考究するため,フランス等で実施されている判定方法を参考にして独自に改良を加え実施してきた.また,国際的競技力向上のためには,資質の研究とともにタレント発掘方法の研究も重要である.ヨーロッパ諸国では幼年期の骨の発育状態等に注目して将来の有望選手発掘を行っている.骨の発育と体格・体型には大きな関わりがあり,発育期の骨の状態を把握することは,長期間のトレーニング計画を立てる上においても重要なポイントなのである.このようにスポーツの競技力にも関係する骨密度は,一般的には放射線法を用いている.現在,同志社大学工学部大谷隆彦名誉教授と松川真美助教授は,超音波の特性を利用した骨密度測定装置の開発を進めている.今回は大谷,松川の超音波骨密度測定装置LD100の有効性と骨密度測定がスポーツ選手の資質の分析に与える影響について,同志社大学のフェンシング,テニス,卓球の男女選手の骨密度を測定し,透過波減衰,皮質骨厚,海綿骨骨量体積比および海綿骨弾性定数に注目してスポーツ科学の分野から検討を加えた. その結果,1)男女全員の骨密度をみた場合,男子が優位な値を示したが,海綿骨の硬さは男女ともほぼ同様の値を示したため,スポーツトレーニングが女子の骨形成に良好な影響を及ぼすのではないかと考えられた.2)フェンシング全日本選手権大会優勝者の測定値から骨密度の傾向をみてみた場合,強く硬い骨であった反面,海綿骨弾性定数は低く,海綿骨の柔らかさが想像された.このような骨の状態がスポーツにとって良好な状態かどうかは今後の課題ではあるが興味深い結果と思われた.LD100は海綿骨の弾性判定(Evaluation of bone elasticity)を可能にしたことで,スポーツ選手の資質の検討に多いに有効な測定装置となり得る可能性を有していると想像された.
We have been measuring and evaluating using various methods a degree of talent required for a good fencer. We consider that such talent to generally improve the athlete's competitiveness are related to the psychological and physical aspects. We have therefore performed our own improved measurement method referring to those used in France and other countries in order to study such talent from psychological and physical aspects. It is important not only to study such talent, but also to study a method to find the most talented athletes. In Europe, it is focused on the bone development, etc. of infants and children to find prospective athletes. There is a large correlation between the bone development and body sizes, and it is important to be aware of the bone developing conditions during the puberty in order to plan a long-term training scheme. As such, the bone density which influences sports abilities is generally measured by using X-ray. T. Otani of Doshisha University, Department of Technology are currently developing a bone mineral densitometry using the special character of ultrasonic waves. The result of his research was adopted as the project of the Japan Science and Technology Agency assigned to and developed by OYO Electric Co., Ltd. We studied the effectiveness of LD 100 and the impact of bone density measurement on analysis of athletes'talent from a sports science perspective, by measuring the bone density of athletes of both genders from Doshisha University's fencing, tennis and table tennis teams, focusing on the attenuation of transmission wave, thickness of cortex, and volume fraction and elasticity of cancellous bone. As a result, we observed: 1) higher value of bone density for male, but almost the same value of firmness of cancellous bone for male and female. From this result, we may speculate that sports training provides a favorable influence on the bone development of the female. 2) winners of the Japan Fencing National Championships have strong and firm bones on one hand, but on the other hand, they scored low on the elasticity of cancellous bone, thus may have soft cancellous bones. Whether such bone condition would be favorable for playing sports will be our next issue. Nevertheless, it was an interesting result. LD100 made the evaluation of bone elasticity possible, and we can expect that it possibly becomes an effective measuring instrument to study athletes'talent.
主題 骨密度
超音波
海綿骨弾性
資質
Bone mineral density
Ultrasonic
Elasticity of cancellous bone
Ability and quality
日本十進分類法 780.18
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社保健体育
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00960337/?lang=0