こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:162017-12-19 03:16 集計

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 8136
タイトル 開発政策における人々の「意識化」を目的とした教育的アプローチ
タイトル(その他) The Educational Approach for the Conscientization of Local Inhabitant in Development Process
著者 山内, 富美
著者(ヨミ) ヤマウチ, フミ
著者(その他) Yamauchi, Fumi
刊行物名 同志社政策科学研究
Doshisha University policy & management review
2
開始ページ 327
終了ページ 340
刊行年月日 2000-12-20
内容記述 研究ノート
持続的発展のためには、何よりもまず開発政策の受益者である人々が、中心的主体として開発政策の実施と意思決定に参与するための能力を強化し自信を高めていくことが根本的な課題である。この受動的対象から中心的主体への変換には教育的アプローチが不可欠な要素であるが、こうした教育的アプローチの意義はこれまで開発研究の分野においてほとんど論理的に考えられてこなかった。そこで本稿では、開発研究への教育学の役割、中でもP.Freire の理論にもとづきながら教育学における「意識化 (conscientization)」の概念が開発の分野における有用性について論じた。その「意識化」とは、人々が、自らが置かれている状況を省察し、自らの存在条件と客観的課題について把握し、状況改善のために創造的活動を主体的に行い得るまでの過程である。また、本稿では実践で活用する際に用いる形態として、教育学において学習形態の一つに分類される「ノンフォーマルな教育」の適性と意義について論じた。さらに、KJ 法を含む創造性開発技法を教育的手法の観点から着目し、「意識化を目的とした教育的アプローチ」の実践的手法として有効的に適用可能であることを示した。
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社政策科学研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00953026/?lang=0