こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:392020-04-09 08:06 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/di.2019.0000000594

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
k1031 pdf  360. KB  19 要旨
zk1031 pdf  12.3 MB  3

論文情報


データ種別:学位論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 26677
JaLC DOI 10.14988/di.2019.0000000594
タイトル Analysis of non-coding RNA expression in medium spiny neurons of Huntington disease model mice
タイトル(その他) ハンチントン病モデルマウスの中型有棘神経細胞におけるノンコーディングRNAの発現変化
ハンチントンビョウ モデル マウス ノ チュウガタ ユウキョク シンケイ サイボウ ニオケル ノンコーディング RNA ノ ハツゲン ヘンカ
著者 Park, Hongsun
著者(ヨミ) パク, ホンソン
著者(その他) 朴, 洪宣
所属 脳科学研究科
刊行年月日 2019-03-22
学位種別 課程博士
学位名 博士(理学)
学位記番号 甲 第1031号
学位授与機関 同志社大学
学位授与年月日 2019-03-22
抄録 Huntington Disease (HD) is a neurodegenerative disorder caused by expanded CAG repeats in the exon1 of huntingtin gene (HTT). The mutant HTT affects the transcriptional profile of neurons by disrupting the activities of transcriptional machinery and alters expression of many genes. In this study, we identified dysregulated non-coding RNAs (ncRNAs) in medium spiny neurons of 4-week-old HD model mouse. Also, we observed the intracellular localizations of Abhd11os and Neat1 ncRNAs by ViewRNA in situ hybridization, which could provide more precise detection, suggesting that it is a useful method to investigate the expression changes of genes with low expression levels.
本文言語 English (英語)
Japanese (日本語)
カテゴリ 脳科学研究科
原本所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB13106336/?lang=0