こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:212020-07-10 20:21 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/di.2019.0000000589

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
k1026 pdf  494. KB  13 要旨
zk1026 pdf  4.96 MB  5

論文情報


データ種別:学位論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 26672
JaLC DOI 10.14988/di.2019.0000000589
タイトル Application of sodium alginate as a medical material aimed to prevent air leak and adhesion
タイトル(その他) アルギン酸ナトリウムのエアリークと癒着の防止のための医療材料への応用
アルギンサン ナトリウム ノ エア リーク ト ユチャク ノ ボウシ ノ タメ ノ イリョウ ザイリョウ エノ オウヨウ
著者 的場, 麻理
著者(ヨミ) マトバ, マリ
著者(その他) Matoba, Mari
所属 生命医科学研究科
刊行年月日 2019-03-22
学位種別 課程博士
学位名 博士(理学)
学位記番号 甲 第1026号
学位授与機関 同志社大学
学位授与年月日 2019-03-22
抄録 手術後の呼吸器からの空気漏出(エアリーク)と腹部及び胸部癒着はそれぞれ、未だに臨床にて大きな課題である。本研究では、安全性に優れた植物性多糖類のアルギン酸ナトリウムに着目し、ゲルやスポンジの材形に加工した。これをPGA不織布と併用して新規エアリーク防止材を開発した。この新規材料は、エアリーク防止だけでなく癒着防止に対しても優れた効果を発揮した。将来的に、この新規材料は、従来材料よりも優れた医療材料として臨床応用されることが期待できると考えられる。
Sodium alginate is polysaccharide extracted from seaweed and used as a biomaterial clinically. The alginate in this study was used as gel- or sponge-formed and combined with a polyglycolic acid (PGA) mesh, a useful biomaterial clinically; namely this combination was the new sealing material. The purpose of this study was to prevent pulmonary air leak without inducing adhesion. This study was composed of the four animal experiments; the first half of them was about preventing air leak and the latter was about preventing adhesion. All experiments showed that new sealing material was superior to the conventional treatments. Therefore the new sealing material was expected to be applied clinically to a sealing material, which also has an anti-adhesive effect.
本文言語 English (英語)
Japanese (日本語)
カテゴリ 生命医科学研究科
原本所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB13115605/?lang=0