こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1,3942020-08-09 18:48 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2018.0000000098

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
023059010002 pdf  1.1 MB  153

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 26191
JaLC DOI 10.14988/pa.2018.0000000098
タイトル 装着型運動計測装置を用いた痙性不全麻痺歩行特性の定量評価
タイトル(ヨミ) ソウチャクガタ ウンドウ ケイソク ソウチ オ モチイタ ケイセイ フゼン マヒ ホコウ トクセイ ノ テイリョウ ヒョウカ
タイトル(その他) Quantitative evaluation of spastic paresis gait characteristic by using wearable motion measurement device
著者 西山, 智士
辻内, 伸好
伊藤, 彰人
足立, 渡
纐纈, 俊昭
禰占, 哲郎
著者(ヨミ) ニシヤマ, サトシ
ツジウチ, ノブタカ
イトウ, アキヒト
アダチ, ワタル
コウケツ, トシアキ
ネジメ, テツロウ
著者(その他) Nishiyama, Satoshi
Tujiuchi, Nobutaka
Ito, Akihito
Adachi, Wataru
Koketsu, Toshiaki
Nejime, Tetsuro
所属 西山, 智士 / Department of Mechanical Engineering, Doshisha University
辻内, 伸好 / 同志社大学理工学部機械システム工学科教授
伊藤, 彰人 / 同志社大学理工学部エネルギー機械工学科准教授
足立, 渡 / Tec Gihan Co., Ltd
纐纈, 俊昭 / Tec Gihan Co., Ltd
禰占, 哲郎 / Caring, Co., Ltd
刊行物名 同志社大学ハリス理化学研究報告
The Harris science review of Doshisha University
59
1
開始ページ 13
終了ページ 24
刊行年月日 2018-04-30
内容記述 リハビリテーション医療において,疾患や外傷によって歩行能力が障害された患者を扱う機会が多く,歩行障害の改善はリハビリテーション医療の分野で必要とされる頻度の高い課題である.歩行障害と一口に言っても,患者ごとに障害箇所や程度は大きく異なるため,個々の患者に合わせた最適なリハビリテーションを行うことが求められ,床反力や関節角度と言った客観的な治療指標が必要になる.床反力の計測には床反力計,関節角度の計測には光学式マーカーシステムと言った研究室に固定された装置が使用されてきた.しかし,従来の計測装置には計測上の時間的・空間的な制約があり,連続的で自然な歩行や日常生活下の歩行を計測することが困難であった.そこで,力覚センサと慣性センサを組み込んだ計装靴と,トランスミッターと姿勢センサを組み合わせた装着型運動計測装置が開発された.従来装置と比較して,本装置は制約のない環境での歩行を計測でき,計測の実施自体も簡易で汎用性の高いものとした.従って,本装置を用いることで,従来装置での計測が困難であった歩行不自由者の歩行計測が可能となった.本研究の目的は,本装置により健常者と痙性不全麻痺歩行を計測し,その歩行特性を定量的に算出することで,痙性不全麻痺歩行を判別可能かどうかを検証することである.結果として,床反力は進行方向成分と鉛直方向成分において,痙性不全麻痺歩行の特性を確認することができた.また,関節角度は足関節と膝関節,股関節において,同様に不全麻痺歩行特性を確認することができた.更に,本装置により算出した関節角度の極大・極小値に注目し,比較することで,歩行障害に対する治療効果を定量的に評価可能であるということがわかった.
Many people who have gait disorder in an accident need a rehabilitation therapy, and a therapy for gait disorder is often needed in therapies. However the parts and degrees of the disorder are various, so therapists should treat it by using the most suitable methods, and the indexes such as grand reaction forces and joint angles for therapy are needed. In the therapy for gait disorder, the machine such as force sensors and optical marker systems fixed in a laboratory has been used for a long time. However, it has many restrictions to measure gait and cannot measure continuous walking in under daily life environments for a long time. Therefore we developed a wearable motion measurement device, which consists of instrumented shoes with force transducers and inertial sensors, transmitters and attitude sensors. Compared with the conventional devices, it can measure gait under a condition without restrictions, and it can be used more easily and more generally. So it is thought that it can be used to measure the gait of people with gait disorder, which is difficult to measure by using the previous devices. The objective of this research is to measure the gait of a healthy subject and a spastic paresis subject with the wearable motion measurement device, evaluate their gait characteristic quantitatively and examine whether the spastic paresis gait is discriminative or not. The result is as follows. Ground reaction forces in the anterior-posterior direction and the vertical direction can show the spastic paresis gait characteristic. Also, ankle, knee and hip joint angles can show it, too. Moreover, by checking peaks of joint angles and comparing them, therapeutic effects on people with gait disorder can be evaluated quantitatively.
主題 ウェアラブルモーションセンサー
歩行障害
床反力
関節角度
10m歩行試験
wearable motion sensor
gait disorder
ground reaction force
joint angle
10 meter walking test
日本十進分類法 494.78
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社大学ハリス理化学研究報告
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12902196/?lang=0