こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:752019-12-14 07:10 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/di.2018.0000000337

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
k948 pdf  335. KB  14 要旨
yk948 pdf  118. KB  5

論文情報


データ種別:学位論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 26173
JaLC DOI 10.14988/di.2018.0000000337
タイトル Attending to negative affect : the premier expression serves as the source of initial output
タイトル(その他) ネガティブ感情の最初の反応としてのPremier Expressionに関する検討
ネガティブ カンジョウ ノ サイショ ノ ハンノウ トシテノ Premier Expression ニカンスル ケントウ
著者 朱, 映菡
著者(ヨミ) シュ, エイカン
著者(その他) Zhu, Yinghan
所属 心理学研究科
刊行年月日 2018-03-22
学位種別 課程博士
学位名 博士(心理学)
学位記番号 甲 第948号
学位授与機関 同志社大学
学位授与年月日 2018-03-22
抄録 本論文は,われわれの感情が表情として表出されるとき, 通常の顕在化した表出に先行して,刺激に対する無意識,かつ"真"の感情を反映すると考えられる"premier expressions"の存在を探ることを目的として行われたものである。本論文では,感情喚起刺激による表情表出過程を,刺激に対しまず現れる反応と,第1反応に続く,誇張や,抑制など様々な心理的調整を反映した第2の反応に分けてとらえている。この最初の反応を"premier expressions"と呼ぶ。この語は本論文提出者の造語である。"premier expressions"の理論的根拠はTomkins(1961)の感情理論の中に見られるが,これまでその存在を実証したものはない。本論文が研究対象としている"premier expressions"はこのTomkins のいう最初に生じる反応,あるいはそれに類似した反応と考えられる。
This research consists of three experiments aiming to determine the existence of the premier expression and its features. We defined the premier expression as a primitive, reflex-like, automatic facial response to evoked emotion that cannot be modified by one's conscious or unconscious effort because of its initiating timing and speed. However, a facial response develops after the premier expression that corresponds to a generally recognized facial expression, which is easily concealed or modified by display rules or social context. The premier expression is regarded as the first response to induced emotion, and might not even be visible to the naked eye because of its speed and subtlety. This postulation is based on Darwin’s first principle of expression (1872/2009) and Tomkins' (1962) hypothesis that the face is the primary site of affect and has priority over the outer skeletal and inner visceral behaviors (i.e., blood pressure, heart rate, skin conductance) for the expression of emotion, since it is a faster, more precise and visible display.
本文言語 English (英語)
Japanese (日本語)
カテゴリ 心理学研究科
原本所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB13071705/?lang=0