こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1602019-10-17 19:41 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/di.2018.0000000312

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
k921 pdf  403. KB  61 要旨
zk921 pdf  1.52 MB  51

論文情報


データ種別:学位論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 26146
JaLC DOI 10.14988/di.2018.0000000312
タイトル 明治末期における黄禍論批判 : 「反人種主義」の逆説
タイトル(ヨミ) メイジ マッキ ニオケル コウカロン ヒハン : ハン ジンシュ シュギ ノ ギャクセツ
タイトル(その他) 明治末期における黄禍論批判 : 反人種主義の逆説
An analysis on Yellow Peril in the late period of Meiji Japan : a paradox of anti-racism
著者 李, 凱航
著者(ヨミ) リ, ガイコウ
著者(その他) Li, Kaihang
所属 グローバル・スタディーズ研究科
刊行年月日 2018-03-21
学位種別 課程博士
学位名 博士(現代アジア研究)
学位記番号 甲 第921号
学位授与機関 同志社大学
学位授与年月日 2018-03-21
抄録 本稿は、三国干渉後、盛んになりつつあった黄禍論を、当該期日本に置かれた時代状況に即して考察するものである。従来の研究では、黄禍論を三国干渉、義和団事件、日英同盟などの刺激的な外交事件と繋げて検討した上で、日本人の黄禍論批判を「反人種主義」の思想史的意義として捉えてきた。しかし本稿は、日本人の黄禍論批判を明治期における人種論の受容状況において考察し、黄禍論批判のなかに「人種差別主義」が既に含まれていたことを明らかにする。
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ グローバル・スタディーズ研究科
原本所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB13060035/?lang=0