こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:862020-08-09 18:09 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000016819

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
023058030002 pdf  560. KB  58

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 25837
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000016819
タイトル Carbohydrate control of nitrogen dynamics in decomposing leaf litter of temperate tree species
タイトル(その他) 温帯樹種の落葉分解にともなう窒素動態の炭水化物による制御
オンタイ ジュシュ ノ ラクヨウ ブンカイ ニトモナウ チッソ ドウタイ ノ タンスイカブツ ニヨル セイギョ
著者 Bhatta, Balram, K.
Osono, Takashi
Takeda, Hiroshi
著者(ヨミ) オオソノ, タカシ
タケダ, ヒロシ
著者(その他) バッタ, バルラム, ケイ 
大園, 享司 
武田, 博清
所属 Bhatta, Balram, K. / Division of Environmental Science and Technology, Graduate School of Agriculture, Kyoto University
Osono, Takashi / Department of Environmental Systems Science, Faculty of Science and Engineering, Doshisha University (同志社大学理工学部環境システム学科教授)
Takeda, Hiroshi / Department of Environmental Systems Science, Faculty of Science and Engineering, Doshisha University (同志社大学理工学部環境システム学科教授)
刊行物名 同志社大学ハリス理化学研究報告
The Harris science review of Doshisha University
58
3
開始ページ 118
終了ページ 125
刊行年月日 2017-10-31
内容記述 冷温帯林において、9樹種の落葉分解にともなう窒素動態を18ヶ月にわたって調べ、窒素動態に及ぼす炭水化物の含有量の影響を評価した。窒素の変化パターンは、落葉の積算重量減少に対する窒素濃度の相対的な変化率(NCIR)として評価した。9樹種の落葉の残存重量は指数的に減少し、18ヶ月後には初期重量の2.4〜40.7%となった。指数関数に当てはめたときの傾き(オルソンのk)は、0.74〜2.45/年であった。窒素の残存量は分解にともなって概ね減少したが、落葉重量に対する窒素濃度は一般に、落葉の積算重量減少に対して直線的に増加した(すなわち、NCIRは正の値)。9樹種のNCIRと、落葉の初期炭水化物濃度とのあいだに有意な正の相関関係が認められた。このことは、炭水化物が、分解者菌類が落葉に窒素を保持するための主要なエネルギー源となっていることを示唆している。
Nitrogen (N) dynamics in decomposing leaf litter were elucidated for nine tree species over an 18-month period in a cool temperate forest and the effect of carbohydrate content on the N dynamics was evaluated. The pattern of changes in N was quantified in terms of the relative change of N content with respect to the accumulated mass loss of litter (known as Nitrogen Content Increase Rate or NCIR). The remaining mass of leaf litter of the nine tree species declined exponentially during the decomposition, and 2.4% to 40.7% of the original mass remained at the end of the 18-month period. Decomposition rate (as Olson's k) ranged from 0.74 to 2.45 year^-1. The remaining mass of N in leaf litter generally decreased with the decomposition, whereas the relative N content of leaf litter generally increased linearly with the accumulated mass loss of litter (i.e., NCIR values were positive). The NCIR of leaf litter was significantly and positively correlated with initial total carbohydrate content of litter, suggesting that carbohydrates served as a major energy source for decomposer fungi to retain N in decomposing litter.
注記 内容記述(英語)の^-1は上付き文字
主題 分解
森林

リグニン
窒素
decomposition
forest
leaves
lignin
nitrogen
日本十進分類法 471.3
本文言語 English (英語)
カテゴリ 同志社大学ハリス理化学研究報告
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12902196/?lang=0