こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:612019-12-11 03:01 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/di.2018.0000000147

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
k880 pdf  331. KB  29 要旨
zk880 pdf  2.56 MB  24

論文情報


データ種別:学位論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 25767
JaLC DOI 10.14988/di.2018.0000000147
タイトル Modulation of in vitro osteoclastogenesis by glycated proteins
タイトル(その他) 糖化蛋白による破骨細胞分化への影響
トウカ タンパク ニヨル ハコツ サイボウ ブンカ エノ エイキョウ
著者 Mamun Or Rashid, A N M
所属 生命医科学研究科
刊行年月日 2017-09-20
学位種別 課程博士
学位名 博士(理学)
学位記番号 甲 第880号
学位授与機関 同志社大学
学位授与年月日 2017-09-20
抄録 Glycolaldehyde (Glycol) and glyceraldehyde (Glycer) derived glycated human serum albumin (HSA) significantly reduced RANKL-induced osteoclastic TRAP activity, while glucose, fructose, glyoxal derived glycated HSA have no effect. Secreted high mobility group box protein1 (HMGB1) bind to receptor for AGE (RAGE) and play an important role for osteoclastogenesis. Next, we investigated that the effect of glycated HSA on HMGB1 secretion and RAGE expression. Both Glycol-AGE and Glycer-AGE inhibited RANKL-induced HMGB1 secretion but not altered RAGE expression levels. These result indicated that some kinds of AGEs altered osteoclastic TRAP activity through inhibition of HMGB1 secretion from the cell.
本文言語 English (英語)
Japanese (日本語)
カテゴリ 生命医科学研究科
原本所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB13059543/?lang=0