こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:792019-12-16 17:45 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/di.2017.0000016962

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
k857 pdf  421. KB  46 要旨
yk857 pdf  235. KB  27

論文情報


データ種別:学位論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 24812
JaLC DOI 10.14988/di.2017.0000016962
タイトル 価値の明確化が慢性疼痛患者の行動活性化に及ぼす影響の検討
タイトル(ヨミ) カチ ノ メイカクカ ガ マンセイ トウツウ カンジャ ノ コウドウ カッセイカ ニ オヨボス エイキョウ ノ ケントウ
著者 坂野, 朝子
著者(ヨミ) サカノ, アサコ
著者(その他) Sakano, Asako
所属 心理学研究科
刊行年月日 2017-03-22
学位種別 課程博士
学位名 博士(心理学)
学位記番号 甲 第857号
学位授与機関 同志社大学
学位授与年月日 2017-03-22
抄録 本論文の目的は,Acceptance & Commitment Therapy (ACT) に含まれる価値の明確化の手続きが,身体的な痛みを抱える者の行動を活性化させるかどうかを検討することであった。その結果,基礎研究(研究1, 2)からは,自らの過去の行動の機能を記述することにより,特定の課題の遂行量や時間が増加することが示された。また,臨床研究(研究3, 4)からは,価値の明確化を含むACTにより,慢性疼痛患者の価値に基づく活動や日中活動量が増加することが示された。
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 心理学研究科
原本所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB13045034/?lang=0