こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1792020-04-07 00:28 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000014680

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
052000070001 pdf  522. KB  325

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 23669
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000014680
タイトル スイスにおけるナショナル・マイノリティ「移動型民族」の文化的同化の強制
タイトル(ヨミ) スイス ニオケル ナショナル・マイノリティ「イドウガタ ミンゾク」ノ ブンカテキ ドウカ ノ キョウセイ
タイトル(その他) スイスにおけるナショナルマイノリティ移動型民族の文化的同化の強制
The forced cultural assimilation of Switzerland's national minority of Travellers
著者 穐山, 洋子
著者(ヨミ) アキヤマ, ヨウコ
著者(その他) Akiyama, Yoko
所属 同志社大学グローバル地域文化学部准教授
刊行物名 GR-同志社大学グローバル地域文化学会紀要
Doshisha Global and Regional Studies Review
7
開始ページ 1
終了ページ 29
刊行年月日 2016-10-25
内容記述 論文(Article)
スイスでナショナル・マイノリティと認定されている「移動型民族」が、19世紀後半から、特に非定住生活が問題視され、差別と排除の対象となった。20世紀前半からは、その子どもたちに対して、定住生活を強制する措置が連邦、地方自治体、市民団体によって行われ、スイス市民社会もそれを容認した。本論では、「移動型民族」の差別と迫害の歴史的経緯を明らかし、特に子どもたちに対する強制措置が行われた社会的、時代的、思想的およびスイス特有の背景について考察している。
This article focuses on the historical processes of discrimination against 'Travellers', specifically analysing the social constellation and the ideological background. This study aims to examine the correlation between the forced cultural assimilation of Travellers and the cohesion of Switzerland. There are currently an estimated 30,000 to 35,000 'Travellers' in Switzerland. These people have legal recognition as one of Switzerland’s national minorities. In Switzerland, the state, the legislative authority, and the civil society have regarded the Travellers and their non-sedentary lifestyles as deviations of bourgeois values. From the late nineteenth century until the 1970s, Swiss authorities tried to force—in some cases violently—Travellers to become sedentary.
主題 national minority
Travellers
cultural assimilation
cohesion of Switzerland
日本十進分類法 316.8345
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ GR-同志社大学グローバル地域文化学会紀要
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12670105/?lang=0