こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:2312019-12-09 08:03 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/di.2017.0000016327

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
k799 pdf  477. KB  283 要旨
zk799 pdf  3.28 MB  4,970

論文情報


データ種別:学位論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 23656
JaLC DOI 10.14988/di.2017.0000016327
タイトル 海洋安全保障と国際法 : 領海秩序維持のための沿岸国の措置
タイトル(ヨミ) カイヨウ アンゼン ホショウ ト コクサイ ホウ : リョウカイ チツジョ イジ ノ タメ ノ エンガンコク ノ ソチ
タイトル(その他) Maritime security and international law : maintaining maritime order in territorial seas and relevant measures of coastal states
著者 佐藤, 教人
著者(ヨミ) サトウ, ノリヒト
著者(その他) Sato, Norihito
所属 法学研究科
刊行年月日 2016-03-31
学位種別 課程博士
学位名 博士(法学)
学位記番号 甲 第799号
学位授与機関 同志社大学
学位授与年月日 2016-03-31
抄録 国境衝突事件において、そこで用いられる"use of force"が法執行活動の実力行使なのか、国連憲章2条4項の意味における武力の行使なのかに注目し、その接際部付近にある判例及び国家実行を分析した論文である。
The principal aim of this thesis is that while noting they should distinguish ones of LAW ENFORCEMENT and ones of THE USE OF FORCE REFERED TO THE UN CHARTER to use a "use of force" in frontier incidents, it is to analysis jurisprudence and state practices near the connection between the two concepts.
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 法学研究科
原本所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB13020866/?lang=0