こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1512020-04-07 04:16 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000014574

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
039000130016 pdf  1.83 MB  805

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 23172
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000014574
タイトル 京都国立博物館所蔵洛中洛外図屏風に描かれた象の姿について
タイトル(ヨミ) キョウト コクリツ ハクブツカン ショゾウ ラクチュウ ラクガイズ ビョウブ ニ エガカレタ ゾウ ノ スガタ ニツイテ
著者 並木, 晴香
著者(ヨミ) ナミキ, ハルカ
著者(その他) Namiki, Haruka
所属 同志社大学大学院文化情報学研究科博士後期課程
刊行物名 文化情報学
Journal of culture and information science
10
1-2
開始ページ 166
終了ページ 146
刊行年月日 2015-03-31
内容記述 北尾謙治先生追悼号
研究論文
本研究で京博C本とした京都国立博物館所蔵の洛中洛外図屏風には、京都の町を歩く象の姿が描かれている。本研究では、現存する洛中洛外図屏風のなかで唯一描かれる象の姿に注目し、南蛮屏風や初期洋風画作品を比較対象としてその姿の分析をおこなう。そして本研究を京博C本の基礎研究のひとつと位置付け、本研究の考察をもとに京博C本の景観年代や制作年代の推定、さらに本作品が注文・制作された意図についても検討をしていく。
主題 洛中洛外図屏風
南蛮屏風
日本十進分類法 721.8
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 文化情報学
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10166425/?lang=0