こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:912017-11-23 07:08 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/di.2017.0000016319

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
k797 pdf  392. KB  63 要旨
zk797 pdf  1.95 MB  25

論文情報


データ種別:学位論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 23058
JaLC DOI 10.14988/di.2017.0000016319
タイトル Critical role of Ca2+ current facilitation in the short-term facilitation of Purkinje cell-Purkinje cell synapses
タイトル(その他) プルキンエ細胞間シナプス短期促通現象におけるCa電流の役割
プリキンエ サイボウカン シナプス タンキ ソクツウ ゲンショウ ニオケル Ca デンリュウ ノ ヤクワリ
著者 Díaz-Rojas, Françoise
著者(ヨミ) ディアス ロハス, フランスア
刊行年月日 2016-03-22
学位名 博士(理学)
学位記番号 甲 第797号
学位授与機関 同志社大学
学位授与年月日 2016-03-22
抄録 Short-term facilitation, a form of synaptic plasticity, takes place at GABAergic synapses between cerebellar Purkinje cells (PCs). We studied the mechanism of this short-term facilitation by directly patch-clamp recording from a PC axon terminal in cerebellar cultures. We show that the Ca2+ currents elicited by high-frequency action potentials were augmented depending on intracellular [Ca2+] on the terminal. The facilitation of synaptic transmission showed 4-5th power dependence on the Ca2+ current facilitation, and was abolished when the Ca2+ current facilitation was supressed. We conclude that short-term facilitation of Ca2+ currents predominantly mediates short-term facilitation at synapses between PCs.
本文言語 English (英語)
Japanese (日本語)
カテゴリ 【甲】博士(理学)
原本所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB12998786/?lang=0