こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:822020-08-07 18:52 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/di.2017.0000016309

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
k787 pdf  301. KB  60 要旨
zk787 pdf  3.24 MB  217

論文情報


データ種別:学位論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 23048
JaLC DOI 10.14988/di.2017.0000016309
タイトル Research of noise and vibration analysis for structures involving transfer path and sound source
タイトル(その他) 伝達経路および音源を有する構造物に対する振動・騒音解析に関する研究
デンタツ ケイロ オヨビ オンゲン オ ユウスル コウゾウブツ ニ タイスル シンドウ・ソウオン カイセキ ニカンスル ケンキュウ
伝達経路および音源を有する構造物に対する振動騒音解析に関する研究
著者 Hela Ladin, Hilmi Bin
著者(その他) ヘラ ラディン, ヒルミ ビン
所属 理工学研究科
刊行年月日 2016-03-22
学位種別 課程博士
学位名 博士(工学)
学位記番号 甲 第787号
学位授与機関 同志社大学
学位授与年月日 2016-03-22
抄録 本論文は,従来よりも信頼性や効率が良く実用的に構造物の振動・騒音を低減することを目指して,実験および解析技術に対する新たなアプローチを確立することを目的としている.そのために,統計的エネルギー解析法と伝達経路解析法を統合することで,両者の入力を相互利用可能な手法を提案し,構造物の振動・騒音の低減を支援するための,実験および解析手法を構築した.
In this thesis, we have established new theoretical approaches as well as some basic practical applications in the development of noise and vibration analysis for structures involving transfer path and sound source from airborne noise and structure-borne noise. These new approaches were extracted from the existing experimental and analysis technique of noise and vibration for structures, which will improve their efficiency and reliability for noise and vibration reduction on industrial machineries as well as other machines.
本文言語 English (英語)
Japanese (日本語)
カテゴリ 理工学研究科
原本所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB12981849/?lang=0