こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:2402020-03-30 15:57 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000014414

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
048005000005 pdf  1.19 MB  3,675

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 22879
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000014414
タイトル 京都の地域金融史 : 商業信用から生活信用への変化
タイトル(ヨミ) キョウト ノ チイキ キンユウシ : ショウギョウ シンヨウ カラ セイカツ シンヨウ エノ ヘンカ
タイトル(その他) The history of local finance in Kyoto : changes from commercial finance to life credit
著者 大森, 晋
著者(ヨミ) オオモリ, ススム
著者(その他) Omori, Susumu
所属 同志社大学大学院総合政策科学研究科博士課程(後期課程)
刊行物名 同志社政策科学院生論集
Doshisha policy and management review
5
開始ページ 53
終了ページ 66
刊行年月日 2016-03-10
内容記述 論説(Article)
本稿では、京都の地域金融機関が地域産業の発展を目的に設立された経緯を明らかにして、現存の貸出業種状況を調査したところ商業信用から生活信用に偏重している事が判明した。これは、中小企業者が長い業界の取引慣習で資金繰りを確立して有利子借入を減少させている。また、バブル崩壊後に商業信用主流の金融機関が淘汰された経緯から、現存の金融機関は経営施策として商業信用から生活信用に移行している。これら事実を理論的に考察する。
主題 両替商
地域金融
伝統産業
商業信用
生活信用
日本十進分類法 338.2162
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社政策科学院生論集
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12396206/?lang=0