こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:2072020-03-30 17:22 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000014412

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
048005000003 pdf  931. KB  304

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 22877
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000014412
タイトル 行政の責務としての政策効果の把握 : 責任主体の多様化による変化とその課題
タイトル(ヨミ) ギョウセイ ノ セキム トシテノ セイサク コウカ ノ ハアク : セキニン シュタイ ノ タヨウカ ニヨル ヘンカ ト ソノ カダイ
タイトル(その他) Specifying policy effects as an administrative duty : changes by diversification of agents and its issues
著者 北川, 雄也
著者(ヨミ) キタガワ, ユウヤ
著者(その他) Kitagawa, Yuya
所属 同志社大学大学院総合政策科学研究科博士課程(後期課程)
刊行物名 同志社政策科学院生論集
Doshisha policy and management review
5
開始ページ 27
終了ページ 39
刊行年月日 2016-03-10
内容記述 論説(Article)
本稿の目的は、政策効果の把握を行政の責務として捉えたうえでその様態について検討し、その議論を民間主体が公共サービスの担い手となりつつある現状に適用しその課題を考察することにある。本稿では、政策効果の把握という行政の責務をアカウンタビリティの観点とレスポンシビリティの観点から論じたうえで、それぞれ単独の観点ではなく双方の観点を補完的に捉える重要性を論じる。
主題 政策効果
アカウンタビリティ
レスポンシビリティ
男女共同参画政策
指定管理者制度
日本十進分類法 317.1
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社政策科学院生論集
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12396206/?lang=0