こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:4662019-12-13 15:48 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000014343

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
046000190004 pdf  539. KB  3,055

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 22791
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000014343
タイトル 受身表現における視点人物の転換 : 夏目漱石『明暗』を通じて
タイトル(ヨミ) ウケミ ヒョウゲン ニオケル シテン ジンブツ ノ テンカン : ナツメ ソウセキ『メイアン』オ ツウジテ
タイトル(その他) 受身表現における視点人物の転換 : 夏目漱石明暗を通じて
Transition of first person perspective through the use of the passive voice in Soseki Natsume’s "Meian"
著者 山本, 和恵
著者(ヨミ) ヤマモト, カズエ
著者(その他) Yamamoto, Kazue
所属 同志社大学日本語・日本文化教育センター嘱託講師
刊行物名 同志社日本語研究
Doshisha studies in Japanese linguistics
19
開始ページ 34
終了ページ 45
刊行年月日 2015-09-30
内容記述 本稿では,小説テクストの叙述の中で受身が選択される一要因を解明するため,夏目漱石の三人称小説『明暗』を取り上げ,受身における視点人物の転換について考察した。その結果,小説テクスト内では大筋は「視点固定の原則」に基づき,中心人物を視点人物とした受身が選択される。しかし、『明暗』などの三人称視点の小説では,テクスト内で視点の移動が行われる。その際、受身の選択に周辺人物の「迷惑・恩恵」の主観的な感情表現を表す場合や,中心人物から周辺人物に視点人物を移動させて叙述の流れを変えたい場合に受身が選択されることを明らかにした。
This thesis examines the transition of the first person perspective through the usage of passive voice by studying a third person narrative written by Soseki NATSUME, “Meian”. It aims to clarify the reason behind the use of the passive voice in novels. The result of the study shows that on the basis of the “fixed viewpoint principle” in the novel’s structure, the passive voice is used in order to make the central character a first-person narrator. However, in third person novels such as “Meian”, changes in the perspective occur throughout the text. In such cases, it is clear that the passive voice is selected in order to show the surrounding characters' subjective emotions such as “annoyance or benefit”, or to change the flow of the narrative by moving from the central character's point of view to that of surrounding characters.
主題 小説テクスト
夏目漱石
人称
視点人物
受身表現
Japanese novel texts
Soseki Natsume
Person
First Person Narrative
Passive Voice
日本十進分類法 913.6
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社日本語研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12399613/?lang=0