こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1452019-12-11 02:52 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000014341

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
046000190002 pdf  483. KB  3,312

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 22789
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000014341
タイトル 多音節訓仮名表記されることがある語句 : 『萬葉集』における実態と傾向
タイトル(ヨミ) タオンセツ クンガナ ヒョウキ サレル コト ガ アル ゴク : 『マンヨウシュウ』 ニオケル ジッタイ ト ケイコウ
タイトル(その他) 多音節訓仮名表記されることがある語句 : 萬葉集における実態と傾向
The words and phrases which can be written in polysyllabic kungana characters : the actual conditions and tendency in "Man'yoshu"
著者 吉岡, 真由美
著者(ヨミ) ヨシオカ, マユミ
著者(その他) Yoshioka, Mayumi
所属 同志社大学大学院博士課程後期課程
刊行物名 同志社日本語研究
Doshisha studies in Japanese linguistics
19
開始ページ 12
終了ページ 24
刊行年月日 2015-09-30
内容記述 本稿では,『萬葉集』において多音節訓仮名表記されることがある自立語や句にはどのようなものがあるか,その際に用いられる〈漢字〉はいくつあるかを確認する。さらに,多音節訓仮名表記されることがある語句のなかには固定的な漢字表記を持っているものがあり,そうした語が多音節訓仮名表記される背景には,掛詞のような修辞的な要因のみならず,ある語句が類型表現として定着することやそれに伴う語義の抽象化などの文法的な要因の関連が推測されることを指摘する。
主題 万葉集
多音節訓仮名
自立語
修辞的要因
文法的要因
日本十進分類法 811.4
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社日本語研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12399613/?lang=0