こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:772017-11-23 07:08 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000014270

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
023056030005 pdf  10.2 MB  51

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 22712
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000014270
タイトル Regeneration and reinforcement of the aorta using scaffolds composed of biodegradable non-woven fabric in a dog experiment : a preliminary report for a rapid communication
タイトル(その他) イヌにおける生体吸収性不織布からなる足場を用いた大動脈の再生と補強 : 速報のための予備的報告
イヌ ニオケル セイタイ キュウシュウセイ フショクフ カラ ナル アシバ オ モチイタ ダイドウミャク ノ サイセイ ト ホキョウ : ソクホウ ノ タメ ノ ヨビテキ ホウコク
著者 Hagiwara, Akeo
Tsujimoto, Hiroyuki
Takagi, Toshitaka
Miyamoto, Hiroe
Yamanaka, Koki
Mo, Xiumei
Ikada, Yoshito
Okumura, Satoru
著者(ヨミ) ハギワラ, アケオ
ツジモト, ヒロユキ
タカギ, トシタカ
ミヤモト, ヒロエ
ヤマナカ, コウキ
モウ, シュウメイ
イカダ, ヨシト
オクムラ, サトル
著者(その他) 萩原, 明於
辻本, 洋行
高木, 敏貴
宮本, 博恵
山中, 皓暉
莫, 秀梅
筏, 義人
奥村, 悟
所属 Hagiwara, Akeo / 同志社大学生命医科学部医生命システム学科教授
Tsujimoto, Hiroyuki / Faculty of Life and Medical Sciences, Department of Medical Life Systems, Doshisha University
Takagi , Toshitaka / Faculty of Life and Medical Sciences, Department of Medical Life Systems, Doshisha University
Miyamoto, Hiroe / Graduate Student, Department of Medical Life System, Doshisha University
Yamanaka, Koki / Graduate Student, Department of Medical Life System, Doshisha University
Mo, Xiumei / Department of Biomaterials and Tissue Engineering, Donghua University
Ikada, Yoshito / Department of Bioenvironmental Medicine, Nara Medical University
Okumura, Satoru / Department of Cardiovascular Surgery, Kusatsu General Hospital
刊行物名 同志社大学ハリス理化学研究報告
The Harris science review of Doshisha University
56
3
開始ページ 166
終了ページ 172
刊行年月日 2015-10-31
内容記述 大動脈を再生するため、多層の管状構造の新規の血管再生足場を開発した。最内層はエレクトロスピニング法で作成したラクチド/カプロラクトン・コポリマー布のチューブである。メルトブロウ法あるいは編んで作成したラクチド/カプロラクトン・コポリマー及びポリラクチド布のロールが最内層の上に巻いてある。吻合部の外層はメルトブロウ法で作成したポリグリコール酸布で覆われている。この多層性の血管用足場をイヌの大動脈に移植した。経時的な組織再生と移植片の分解の詳細をラットとイヌにおいて観察した。その結果、10月後には本来の大動脈と殆ど同じ構造の大動脈が再生された。最初はそれ自身はポリマーの布であった外側ポリマー布層は、移植後早期に、自己組織化した層に置き換わった。この外側層は、最内層の補強材の働きをしていると考えられた。最内層のチューブの布は本来の構造を保持しつつ徐々に分解された。結論として、この新規の血管再生足場は、イヌの大動脈の構造と殆ど同じ構造の大動脈を再生することが可能である。
To regenerate the aorta we devised a new vascular scaffold with multilayered tube structure. The innermost layer was a fabric tube made of poly (lactide/caprolactone) produced by electro-spinning method. Fabric roles of poly (lactide/caprolactone) and/or poly (lactide) produced by melt-blow or knit method were overlying the innermost layer. An outer layer of anastomotic site was covered with a role of poly (glycolic acid) fabric produced by melt-blow method. The multilayered vascular scaffold was implanted in the native abdominal aorta of dog. Chronological observation of tissue regeneration and graft degradation were also conducted in rats and dogs for detail analyses. The aorta was regenerated in 10 months in almost similar structure to the native aorta. In the early phase after implantation, the outer polymer layers, initially polymer fabrics themselves, were replaced by self-organizing membranes. The outer layers were considered to work for reinforcement of the innermost layer. The fabrics of innermost tube maintained the original structure and degraded slowly. In conclusion the new vascular scaffold can regenerate the canine aorta with almost similar structure to the native aorta.
主題 大動脈再生,regeneration of aorta
イヌによる実験,dog experiment
生体内分解性ポリマー,biodegradable polymer
多層性再生足場,multi-layered scaffold
日本十進分類法 492.89
本文言語 English (英語)
カテゴリ 同志社大学ハリス理化学研究報告
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12902196/?lang=0