こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:792019-12-11 02:45 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000014240

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
046000180005 pdf  576. KB  218

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 22672
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000014240
タイトル 『とはずがたり』における「沙汰」の意味
タイトル(ヨミ) 『トワズガタリ』ニオケル「サタ」ノ イミ
タイトル(その他) とはずがたりにおける沙汰の意味
とはずがたりの用語 名詞「沙汰(さた)」
トワズガタリ ノ ヨウゴ メイシ「サタ」
The meaning of 'sata' in the Towazugatari
Papers on wording of Towazugatari, noun "sata" (沙汰)
著者 森, あかね
著者(ヨミ) モリ, アカネ
著者(その他) Mori, Akane
所属 同志社大学大学院文学研究科博士課程後期課程学生
刊行物名 同志社日本語研究
Doshisha studies in Japanese linguistics
18
開始ページ 48
終了ページ 54
刊行年月日 2015-03-31
内容記述 『とはずがたり』に用いられている「沙汰」の用例を全て抜き出し、分類して、意味・用法について記述を行う。そして、『とはずがたり』における「沙汰」の意味・用法ごとの用例数を挙げることを目的とする。続く語に注目し、「沙汰」の使用の特徴について考察すると、『とはずがたり』において「沙汰」は多様な意味で用いられているが、意味によって続く語が共通する特徴を見出すことができる。
主題 沙汰
意味・用法
用例数
日本十進分類法 915.49
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社日本語研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12399613/?lang=0