こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:802019-12-16 12:40 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000014237

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
046000180002 pdf  582. KB  248

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 22669
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000014237
タイトル 『とはずがたり』における「かみ(上)」「うへ(上)」の意味・用法
タイトル(ヨミ) 『トワズガタリ』ニオケル「カミ」「ウエ」ノ イミ・ヨウホウ
タイトル(その他) とはずがたりにおけるかみ上うへ上の意味用法
とはずがたりの用語 名詞「かみ・うへ(上)」
トワズガタリ ノ ヨウゴ メイシ「カミ・ウエ」
Papers on wording of Towazugatari, nouns "kami" and "uhe" (上)
著者 牧野, さやか
著者(ヨミ) マキノ, サヤカ
著者(その他) Makino, Sayaka
所属 大谷中学高等学校非常勤講師
刊行物名 同志社日本語研究
Doshisha studies in Japanese linguistics
18
開始ページ 11
終了ページ 17
刊行年月日 2015-03-31
内容記述 『とはずがたり』における「かみ(上)」「うへ(上)」の用例を意味ごとに分類し、考察した。「かみ」は2例のみで、「うへ」は76例であった。「かみ」は2例とも身分の高い人や場所を示すものであった。「うへ」は表面を示すものと、ある事柄と他の事柄との関係を示すものが多く見られた。他に、屋形、上着、身の上など、様々な分類が見られた。また、「上」という文字そのものを表す用例も見られた。
主題 とはずがたり

かみ
うへ
日本十進分類法 915.49
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社日本語研究
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12399613/?lang=0