こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1022020-01-21 22:23 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/di.2017.0000016261

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
k740 pdf  433. KB  91 要旨
yk740 pdf  351. KB  118

論文情報


データ種別:学位論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 22660
JaLC DOI 10.14988/di.2017.0000016261
タイトル 改正精神衛生法時代の地域精神保健医療ソーシャルワーク : 保健所における開拓型支援モデルの形成過程と推進要因
タイトル(ヨミ) カイセイ セイシン エイセイ ホウ ジダイ ノ チイキ セイシン ホケン イリョウ ソーシャル ワーク : ホケンジョ ニオケル カイタクガタ シエン モデル ノ ケイセイ カテイ ト スイシン ヨウイン
タイトル(その他) カイセイ セイシン エイセイホウ ジダイ ノ チイキ セイシン ホケン イリョウ ソーシャル ワーク : ホケンジョ ニ オケル カイタクガタ シエン モデル ノ ケイセイ カテイ ト スイシン ヨウイン
Community mental health social work in the era of Reform of the Mental Health Act : the process and the factors of progress of pioneer type support model
著者 加納, 光子
著者(ヨミ) カノウ, ミツコ
著者(その他) Kano, Mitsuko
所属 社会学研究科
刊行年月日 2015-09-26
学位種別 課程博士
学位名 博士(社会福祉学)
学位記番号 甲 第740号
学位授与機関 同志社大学
学位授与年月日 2015-09-26
抄録 改正精神衛生法時代の地域PSWの形成過程と推進要因を解明した.大阪府の実践を事例として,当時の保健所のPSW10名に面接調査をした.その結果,業務は,個別から集団へ,家族会の育成・支援から地域共同作業所の開設などへと進んでいた.また,推進要因としては,①自由,②主体性,③連帯,④意欲,⑤育成,⑥環境,⑦時代,があった.この実践は開拓型支援モデルと名づけられるものであった.
This is the study on the process and the factor of the progress of community mental health in the era of the Reform of the Mental Health Act. I interviewed the PSWs of Osaka public health center at that time. It was revealed that their work progressed from case work to group work, from the education for the client families to obtain community cooperative work place, etc. And the factors of promotion were ①freedom, ②autonomy,③cooperation,④eagerness,⑤training, ⑥environment and ⑦era. I called this practice Pioneer type support model.
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 社会学研究科
原本所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB12972127/?lang=0