こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:652017-11-23 07:07 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/pa.2017.0000014218

閲覧可能ファイル  

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
023056020005 pdf  1.91 MB  79

論文情報


データ種別:研究紀要論文

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 22622
JaLC DOI 10.14988/pa.2017.0000014218
タイトル マルチエリア型人感センサを用いた在席・離席検知手法の検討
タイトル(ヨミ) マルチ エリアガタ ジンカン センサ オ モチイタ ザイセキ・リセキ ケンチ シュホウ ノ ケントウ
タイトル(その他) マルチエリア型人感センサを用いた在席離席検知手法の検討
Verification of a seat occupancy/vacancy detection method using high-resolution infrared sensors
著者 寺井, 大地
三木, 光範
伊藤, 克也
上南, 遼平
間, 博人
著者(ヨミ) テライ, ダイチ
ミキ, ミツノリ
イトウ,カツヤ
ジョウナン, リョウヘイ
アイダ, ヒロト
著者(その他) Terai, Daichi
Miki, Mitsunori
Ito, Katsuya
Jonan, Ryohei
Aida, Hiroto
所属 寺井, 大地 / Graduate School of Science and Engineering, Doshisha University
三木, 光範 / 同志社大学理工学部インテリジェント情報工学科教授
伊藤, 克也 / Graduate School of Science and Engineering, Doshisha University
上南, 遼平 / Graduate School of Science and Engineering, Doshisha University
間, 博人 / 同志社大学理工学部インテリジェント情報工学科助教(有期)
刊行物名 同志社大学ハリス理化学研究報告
The Harris science review of Doshisha University
56
2
開始ページ 113
終了ページ 119
刊行年月日 2015-07-31
内容記述 我々は執務者が要求する任意の照度値を任意の場所に最小の電力で実現する知的照明システムを提案している。実オフィスに導入し、各執務者の個別照度を実現することにより、快適性の向上と消費電力の削減を実現した。知的照明システムでは各執務者が在席・離席を手動で変更しているが、適切に変更しない執務者が多かった。そのため、執務者が不在であるにもかかわらず、不必要な照明が点灯しており、省エネルギー性が低下していた。そこで、執務者の在席・離席状態を自動的に検知する手法を提案する。本研究では、256分割した画素に対して温度検出できるマルチエリア型人感センサを用いる。マルチエリア型人感センサが出力する温度とその時間差分を用いることで執務者の在席・離席を検知する。提案手法の有効性について検証した結果、執務者の在席・離席状態の検知が可能であることが確認できた。
We have conducted research on the Intelligent Lighting System that realizes illuminance demanded by a worker at minimum power. In a real office, the system realized improving in office workers comfort and reducing the power consumption. In the system, workers are necessary to change the occupancy/ vacancy status. However, some workers didn’t change it appropriately. There were lights that provided brightness more than required even though there were no workers. Thus, we propose a method for automatically controlling changes in the occupied/ unoccupied status of a worker’s seat. This study uses high-resolution infrared sensors that can detect temperature. The method detects the occupied/ unoccupied status of a worker’s seat by using temperature values output by high-resolution infrared sensors and their differences. We confirmed that the system incorporating the proposed method detects the occupied/ unoccupied status.
主題 知的照明システム, intelligent lighting system
オフィス, office
赤外線センサ, infrared sensor
日本十進分類法 545
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ 同志社大学ハリス理化学研究報告
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB12902196/?lang=0