こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:122020-04-09 08:19 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/re.2017.0000015698

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
r001000030005 pdf  3.89 MB  26

論文情報


データ種別:研究センター報告書

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 17643
JaLC DOI 10.14988/re.2017.0000015698
タイトル マレーシアのマレー人ムスリム社会における公共圏の形成とイスラーム主義運動
タイトル(ヨミ) マレーシア ノ マレージン ムスリム シャカイ ニオケル コウキョウケン ノ ケイセイ ト イスラーム シュギ ウンドウ
著者 塩崎, 悠輝
著者(ヨミ) シオザキ, ユウキ
所属 同志社大学大学院神学研究科博士後期課程
刊行物名 一神教学際研究
Journal of the interdisciplinary study of monotheistic religions : JISMOR
3
開始ページ 101
終了ページ 127
刊行年月日 2007-02-28
内容記述 ムスリム社会には、元来イスラームの論理に基づいて討議が行われる、ワクフ(寄進)の空間、ウラマー(イスラーム学者)、タリーカ(イスラーム神秘主義教団)が主導する、「公共圏」に類する空間があった。ハーバーマス的な単一の市民的公共圏ではなく、複数の公共圏的空間が存在した、という前提のもとに、現代ムスリム社会におけるイスラーム運動には、過去にあったイスラーム的公共圏を回復していこうとする試みとしての側面を見出すことができる。現代マレーシアのマレー人ムスリム社会において、イスラーム主義運動などがつくりだす討議の空間がある(チェラマ、ウスラ、フトバ、インターネット、カセット・テープ、VCD)。それらは、ナンシー・フレイザーのいう対抗公共圏(counter publics)に類似している。イスラームの対抗公共圏では、イスラームの論理が蓄積してきた言説の資源(discursive resources)が流通している。このような現象は、イスラーム主義運動の近代化大衆化の中にも見出すことができる。マレーシアにおいて政府の統制下にある「主流」の公共圏と代替・対抗公共圏の関係は、単純な対立でも「無関係」でもない。両者はイスラームの論理による共通項を持ち、両者をつなぐいくつかのチャンネルがあり、主流の公共圏もイスラームの論理に基づく対抗公共圏からのアジェンダ・セッティングを無視できない仕組みがある。マレーシアで言われるところの「イスラーム化」はこの主流の公共圏と代替・対抗公共圏の相互作用のプロセスをとおして進行していると考えられる。また、このプロセスは、ムスリム社会におけるウラマーの機能、統治者との関係などイスラーム的社会秩序実現のためのメカニズムを漸進的に回復していこうとする試みでもある。
主題 公共圏
対抗公共圏
イスラーム主義運動
「イスラーム化」政策
日本十進分類法 167
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ JISMOR 日本語
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10243210/?lang=0