こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:1142020-04-07 03:24 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/re.2017.0000015696

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
r001000030003 pdf  7.81 MB  97

論文情報


データ種別:研究センター報告書

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 17641
JaLC DOI 10.14988/re.2017.0000015696
タイトル カウフマンの見た近代聖書学の根本問題 : イェヘズケル・カウフマンのヴェルハウゼン批判より
タイトル(ヨミ) カウフマン ノ ミタ キンダイ セイショガク ノ コンポン モンダイ : イェヘズケル カウフマン ノ ヴェルハウゼン ヒハン ヨリ
著者 神藤, 誉武
著者(ヨミ) ジンドウ, ヨブ
所属 ニューヨーク・ユダヤ神学校大学院研究員
刊行物名 一神教学際研究
Journal of the interdisciplinary study of monotheistic religions : JISMOR
3
開始ページ 44
終了ページ 78
刊行年月日 2007-02-28
内容記述 本論文では、イェヘズケル・カウフマン(1889-1963)が近代聖書学に見た根本問題について考察する。この根本問題は、当時の主流であったユリウス・ヴェルハウゼンのイスラエル宗教史研究に顕著に表れていた。ただ、カウフマンが指摘したのは、聖書学固有の問題だけでなく、宗教史及び宗教書を歴史的立場から研究する宗教学、宗教史学、古典学の問題でもある。しかし、彼の著作はどれもヘブライ語で書かれているため、これまで、日本の読者はもちろん、欧米の学者の目に留まることもほとんど皆無であった。従って、カウフマンの近代聖書学批判を再考する本論文が、聖書学、ユダヤ学、一神教学のみならず、宗教学、宗教史学、古典学に携わる読者の一助となればと願っている。本論文では、最初に、カウフマンの断片的プロフィールを提示する。次に、ヴェルハウゼンの学説を概観し、そして、カウフマンのヴェルハウゼン批判を、(1)『モーセ五書』とくにいわゆるP資料の年代推定について、(2)近代聖書学に潜在するキリスト教的偏見について、(3)近代聖書学の哲学的前提の問題について、の順で論じる。
主題 イェヘズケル・カウフマン
近代聖書学史
ユリウス・ヴェルハウゼン
西欧近代思想史
世界観学
日本十進分類法 193
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ JISMOR 日本語
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10243210/?lang=0