こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:422020-04-09 07:30 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/re.2017.0000015687

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
r001000020004 pdf  154. KB  23

論文情報


データ種別:研究センター報告書

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 17632
JaLC DOI 10.14988/re.2017.0000015687
タイトル 救済の境界 : イスラームにおける異教徒の救済
タイトル(ヨミ) キュウサイ ノ キョウカイ : イスラーム ニオケル イキョウト ノ キュウサイ
著者 中田, 考
著者(ヨミ) ナカタ, コウ
所属 同志社大学神学部教授
刊行物名 一神教学際研究
Journal of the interdisciplinary study of monotheistic religions : JISMOR
2
開始ページ 63
終了ページ 77
刊行年月日 2006-02-28
内容記述 一般論文
イスラームはアダム以来の全ての預言者の宗教であり、救済が「ムハンマドのウンマ」を越えて、全ての「一神教徒」に及ぶことは、宗派、学派の違いを超えたイスラームの合意事項である。ムハンマドの宣教以降については、ムハンマドのウンマを越えた救済の可能性については、スンナ派の「正統」アシュアリー派神学が、イスラームの宣教が届いていない者の救済を認めている。同派による異教徒の救済論は、外在的な妥協の産物、折衷策ではなく、思想の内在的な理論的要請から生まれたものである。私見によれば、同派の救済論の伝統を継承し深化発展させることこそが、将来のイスラームと他宗教の共存の神学的基礎となる。また宣教が届いていない者の救済を説く学説は、イスラームとの接触の歴史的が浅く、先祖への想いが強い国における宣教においては極めて重要な実践的帰結を有する。祖先供養の禁止は宣教の大きな障害となりうるからである。
主題 救済
中間時
唯一神崇拝
ムハンマドのウンマ
アシュアリー派神学
日本十進分類法 167
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ JISMOR 日本語
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10243210/?lang=0