こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:502020-07-09 14:20 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/re.2017.0000015684

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
r001000020001 pdf  58.8 KB  28

論文情報


データ種別:研究センター報告書

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 17629
JaLC DOI 10.14988/re.2017.0000015684
タイトル 一神教と多神教をめぐるディスコースとリアルポリティーク
タイトル(ヨミ) イッシンキョウ ト タシンキョウ オ メグル ディスコース ト リアルポリティーク
著者 小原, 克博
著者(ヨミ) コハラ, カツヒロ
所属 同志社大学神学部教授
刊行物名 一神教学際研究
Journal of the interdisciplinary study of monotheistic religions : JISMOR
2
開始ページ 1
終了ページ 16
刊行年月日 2006-02-28
内容記述 テーマ論文「一神教と多神教」
本論文では、最初に日本および西洋における、一神教と多神教をめぐるディスコースの事例を取り上げ、その特徴を描写する。さらに、そのディスコースをオリエンタリズムやオクシデンタリズムの中に位置づけることによって、その文化的な構造を析出させ、さらに「偶像崇拝」を補助線として用いることによって、その宗教的な構造を明らかにする。偶像崇拝の禁止は三つの一神教、すなわち、ユダヤ教・キリスト教・イスラームに共通する信仰の基盤であるが、偶像崇拝は決して物質的な意味に限定されず、むしろ人間の作り出す観念やイメージをも含む「見えざる偶像崇拝」として機能する。また偶像崇拝が、近現代においては代替・拡張・反転というモデルの中で再解釈されていることを指摘する。最後に「見えざる偶像崇拝」は構造的暴力の温床になり得ることを終末論・進化論を交えて考察する。また同時に、一神教と多神教をめぐるディスコースが暴力的なディスコースへと転移しないための要諦を示唆する。
注記 本論文は『宗教研究』(日本宗教学会) 345号 (2005年9月)からの転載である。
主題 一神教
多神教
オリエンタリズム
偶像崇拝
構造的暴力
日本十進分類法 160
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ JISMOR 日本語
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10243210/?lang=0