こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:372020-04-06 23:59 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/re.2017.0000015676

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
r001000010007 pdf  30.7 MB  272

論文情報


データ種別:研究センター報告書

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 17619
JaLC DOI 10.14988/re.2017.0000015676
タイトル キリスト教における女性リーダーシップの変容 : アメリカ・メソディズムという事例研究を通じて
タイトル(ヨミ) キリストキョウ ニオケル ジョセイ リーダーシップ ノ ヘンヨウ : アメリカ メソディズム ト イウ ジレイ ケンキュウ オ ツウジテ
著者 高橋, 徹
著者(ヨミ) タカハシ, トオル
所属 同志社大学大学院アメリカ研究科博士後期課程
刊行物名 一神教学際研究
Journal of the interdisciplinary study of monotheistic religions : JISMOR
1
開始ページ 112
終了ページ 129
刊行年月日 2005-02-28
内容記述 一般論文
アメリカキリスト教は植民地時代から、長い間ジェンダー・パラドックスに直面してきた。女性信徒が教会の大半を占める反面、教会の公的リーダーシップは男性によって支配されてきたという事実がある。しかし1970年代に女性聖職者が急増したように、キリスト教会における女性リーダーシップは歴史的に一様ではない。本稿は歴史的にも全国的に拡大したアメリカ・メソディズムを事例研究することによって、女性による宗教的リーダーシップがアメリカ宗教社会において、歴史的に何故、どのように変容・発展してきたのかを明らかにする。1970年代以降における先行研究では、女性の個人的宗教経験が女性の宗教的リーダーシップの変容・発展を促してきたことを論じてきた。しかしながら本稿はアメリカ・メソディズムの歴史を通じて、個人的宗教経験に加え、メソディズム教会の確立した組織性、そしてメソディスト女性と世俗社会におけるフェミニズムとの連動の三要素がアメリカ・メソディスト女性の宗教的リーダーシップを多様化・発展させてきたことを明確化する。
主題 アメリカ・メソディズム
歴史
女性リーダーシップ
個人的経験
教会の組織化
教会/世俗社会の相互連関
日本十進分類法 198.7
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ JISMOR 日本語
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10243210/?lang=0