こちらに共通ヘッダが追加されます。

同志社大学学術リポジトリ

English

このアイテムのアクセス数:422020-04-01 08:24 集計

この文献の参照には次のURLをご利用ください : http://doi.org/10.14988/re.2017.0000015674

閲覧可能ファイル  

※PDFが開かない場合は、IE以外のブラウザで閲覧してください。

ファイル フォーマット サイズ 閲覧数 説明
r001000010004 pdf  18.2 MB  88

論文情報


データ種別:研究センター報告書

RefWorksRefWorks出力

メタデータID 17616
JaLC DOI 10.14988/re.2017.0000015674
タイトル イスラーム思想・文化における平和
タイトル(ヨミ) イスラーム シソウ ブンカ ニオケル ヘイワ
著者 モハッゲグダーマード, モスタファ
著者(その他) Mohagheghdamad, Mostafa
所属 イラン科学アカデミーイスラーム学部門長
刊行物名 一神教学際研究
Journal of the interdisciplinary study of monotheistic religions : JISMOR
1
開始ページ 61
終了ページ 73
刊行年月日 2005-02-28
内容記述 テーマ論文「一神教における対立と対話」
イスラーム文化全般、特にイスラーム法を専門とする幾人かの欧米の学者たちは、これまで第一次的資料でなく、(しっかりした根拠に欠けた)脆弱な法源に依拠してきた。彼らによって、時に特殊な考えを一般化することや、誤った結論が導き出された。さらに悪いことには、彼等の安易な一般化はメディア記者によって、時に真実のように喧伝されてきた。このようなことが、イスラーム国際法に関する最近の誤謬ある記述を多く招くことになったのである。本稿における著者の意図は、クルアーンとスンナ(慣行)というイスラーム固有の資料に基づいて、真のイスラームを提示することである。これは、特に9・11事件の一連の出来事の後で、現存する誤解を取り除くことに貢献するであろうと思われる。このため、本稿では以下のようなことを簡潔に議論していく:イスラームと平和、平等の原理、宗教上の適用および社会面での適用、イスラームにおける寛容さの原理と普遍的同胞関係、宗教的協力の先例、平和の訴え、「啓典の民」との論争、宗教的同胞関係、普遍的同胞関係。
注記 本稿は、Mostafa Mohagheghdamadの英語による口頭発表用の原稿"Peace in The Islamic Thought and Culture"の翻訳である。
主題 イスラーム
平和
寛容
宗教的同胞関係
正義
「啓典の民」
日本十進分類法 167
本文言語 Japanese (日本語)
カテゴリ JISMOR 日本語
掲載刊行物所蔵情報へのリンク https://doors.doshisha.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB10243210/?lang=0